WiFi豆知識

5Gの無制限とは、【完全な無制限】ではない!?

5g-unlimited

各社5G通信エリアが拡大する中、各携帯キャリアが5Gを無制限で利用できるプランが続々登場!しかし、5Gの通信は、巨大なデータ通信情報を移動できる事から、各大手キャリアは、「通信制限を設ける」などの対応をしている。なぜ制限をかける必要があるのか。そこにはスマホ業界の戦略が関わっている!?その裏側を分かりやすく徹底解説します!

ちなみに…

もし、あなたが法人でテレワークで使うネットをお探しであれば次の記事をぜひご覧ください。

300GBが破格です。

doracoon
【法人は知らなきゃ損】DoRACOON(ドゥラクーン)という超お得Wi-FiがNTTブランドから登場!信頼のdocomoから法人専用のWi-Fi「DoRACOON(ドゥラクーン)」が登場しました。個人では契約できない超お得なサービス。今ならWEB非公開のスタートアップキャンペーンもご紹介。...

5Gは【完全】無制限では無い!?

結論からお伝えすると、各大手携帯キャリア共に、1日10GBを3日間連続で使うと、「通信制限」がかかる可能性がありますが、それ以外は無制限で利用が可能です!

押さえておくべき内容は、3G回線、4G回線、5G回線、の通信速度や通信量です。

5Gのご説明の前に、少しだけ歴史を振り返ると、3G(ガラケー回線)、4G(スマホ回線)、という電波の種類があります。簡単に例えれば、【テレビ業界】では、アナログ放送から、地上デジタル放送に変わり、高画質の電波が受信る事となった事と同じく、【スマホ業界】もデータ通信の量を上げる為に、3G回線、4G回線を経て、5G回線がスタートし、いっぺんに送る情報量が倍増しました!5G回線は、4G回線に比べ20倍の通信量や速度です!

  • 3G回線=アナログテレビ=ガラケーの電波
  • 4G回線=地上デジタル放送=スマホの電波
  • 5G回線=光の速度並み=極上の通信速度

ということですね。

現在、皆様が使っているスマホ画面の右上に[4G]と出ていますよね?これは、「4Gの電波を使ってますよー」という表示です。

5G回線は、光並みに早い!とお伝えしましたが、4G回線の20倍もの通信速度やデータ容量を行き来させる事が出来る為、現在の4G回線でもインターネット通信の制限を設けている様に、5G回線も通信制限をかけざるを得ない状況となっています。

その為、5Gの無制限とは、【完全な無制限】では無い!とお考えください。

5Gが【完全無制限化】出来ない理由とは?

5G回線が使える【無制限プラン】とは、あくまでも【通信制限付き】です。5G回線を大量に使うユーザーが増えた時、データ通信量がいっきに使われてしまう事で、バックボーン(携帯電波の基地局など)がパンクをしてしまう事を各大手キャリアは恐れています。

通信制限を設ける理由は、5G回線は4G回線に比べ、20倍の通信量、通信速度だからです。

5Gエリア内の方々が、一度に膨大なデータ通信を行った場合、4G回線の影響も出る事や、通信回線自体が地域に行き届かなくなる可能性があり、基地局や電波塔が耐えきれるだけの通信量を確保しなくてはなりません。

しかし、2021年4月現在、5Gの電波が受け取れるエリアは、主要首都の、東京、名古屋、大阪、福岡、に限定されている為、現状5G回線の利用者が少なく済むからこそ歌える「キャッチコピー」が「無制限」であると推測されます。

各大手キャリア(4社)の、5Gの料金を徹底比較!

各大手キャリアの5G料金プランの内容、データ容量はこちらです。

5G携帯料金プランの比較表(税込)

※2021年4月現在、各キャリア公式ページより

パッと見ると、楽天モバイルは【激安】ですね。しかし、あくまでも【楽天基地局の5Gエリア】の場合は【無制限】という事です。惑わされないでください!5Gエリア内であっても、電波が入らない事を理由に4G回線となり、データ容量は【5GBまで】という悲劇が待っているかもしれません。

筆者は、5Gエリア内なのに、4G回線で5GBで利用する悲劇に見舞われています…。汗

表を見ると、嫌というほどデータ容量に【無制限ですが、使用状況に応じ通信速度を制限】と書かれている事が分かりますが、1日10GBを超える通信量を3日連続で利用すると、通信速度を遅くして制限がかかります。

ですがご安心ください。1日10GBを使う場合は、

  • 1日にYoutubeで1080P画質の動画を 9時間 観る
  • 1日にYoutubeで720P画質の動画を 14時間 観る。
  • 1日にYoutubeで480P画質の動画を 33時間 観る。

上記を例にとって、こちらを3日繰り返さなければ、制限はかかりません。

5Gを利用する為の準備とは?

確認する工程をご説明いたします。

こちらの3点です。難しい事はないので、ご利用される携帯キャリアのホームページでご確認をしましょう!

各大手携帯キャリア(4社)、今後の5G戦略とは!

5Gが普及してからの、今後の大手スマホキャリアの戦略は、

  • 帯域の奪い合い
  • 超高速インターネットサービスの充実化

この2点に絞られます。

帯域幅の奪い合い

NTT東(西)日本が提供元となっている電波の事です。そして帯域の奪い合いは、高速道路で例えると、「この道はdocomo専用の道なので、他の会社さんは通れません!」という道の奪い合いが起こるという事です。

「基地局電波塔の所有数」の奪い合いとも言いますね。

エリアの拡大に向けた取り組みが各社で行われている中、どの携帯会社が、どこの基地局を使うかが決定した後、相対的に各携帯キャリアの契約ユーザー数が増加します。

もちろん5Gエリアの提供が広ければ広いほどユーザー数が増加しますよね。

ユーザー数が増すと、今後のインターネットサービスの充実化が進む為、利益も向上する事が考えられます。

超高速インターネットサービスの充実化

5Gを利用するとどうなるかは、ご存じのとおり、

  • 高画質な動画が視聴出来る!動画がサクサク見られる!
  • VRやARなどのバーチャル通信が現実となる!
  • ラグ(遅延)がなくなる!
  • 生活の一部がアナログ式からデジタル式に変わる!
  • 車で使えるインターネットの進化!
  • ビデオ会議、ビデオ配信の、ストレスフリー化!

などです。これらのサービス内容を大手キャリアは提供出来ると、その分未来への投資が可能となり、幅広い企業と手を組み、とんでもない良い環境が提供できると予測されます。

その為、どうしても提供エリアの増加が欲しい大手携帯キャリアは、国(総務省)との交渉を経て、エリア拡大をしている(もちろん大手携帯会社が国に支払をする【金額】によって、帯域幅や電波塔の数が増加)という事になります。

頑張ってもらいましょう!!

結論!5Gは【完全無制限】ではなく、【通信制限】を設けている!

現状の5G回線のエリアは小さい範囲となっており、まだまだ今後のプランも変わっていくと思われますが、5G回線を利用できるエリアが増えれば増えるほど、快適なスマホライフが送られますね!公式ホームページには掲載されていない情報として、NTT東(西)日本は、6G回線の開発もすすめられており、更なる飛躍した時代を期待して待ちましょう!

と言う事で、【5G回線】は【完全な無制限】ではなく、【通信制限】を設けている。

という内容でした。

ただし、2021年8月にドコモから登場したホームルーター「home 5G」は、限りなく無制限に近いです。

テコのスマホ相談室さんのレビュー動画が参考になります(再生すると音声が出ます)

https://taixihuankafei.com/docomo-home5g/