縛りありホームルーター

【徹底比較】 WiMAX+5Gを全角度からレビュー!

wimax-5g

auから5G対応プランが登場しました。

その名も

WiMAX+5G

です。

ポケけん
ポケけん
そのままオソ。

そのままです。

この記事では、WiMAX+5Gサービスの料金的なところよりも、快適に使えるものなのか?という点を中心にあらゆる角度から徹底比較してみます。

比較項目
  • WiMAX2+(これまでのWiMAX)と比較
  • モバイルルーターとホームルーターを比較
  • WiMAXプロバイダ(ブロードWiMAX・カシモWiMAX)サービスを比較
  • スマホの5Gプランと比較
  • 光回線と比較
ポケけん
ポケけん
すごいオソ!徹底比較オソ!

結論から申しますと、

激おすすめです!

ポケけん
ポケけん
すごい圧オソ。そんなにいいオソか?

はい、激おすすめ!ですから。

こんな人におすすめ
  • 光回線を自宅に引けない人(引きたくない人)
  • 外でネットを使うことが多い人
  • 地方にお住まいの人
あなた

でも、私の住むところは5Gエリア内じゃないかも。。。

ポケけん
ポケけん
そうオソ。5Gエリアじゃなかったらおすすめできないオソ。

いえ!5Gエリアにいなくてもかなりお得です。

何を隠そう私も地方在住です。そして地方の人にこそおすすめなんです!言ったでしょう!

激おすすめだって。

WiMAXに超詳しい「ふじもん」さんの動画でその「地方の人にこそおすすめ」という理由が対談形式で取り上げられていましたので載せておきます。(再生すると音声が出ます)

私自身、WiMAX2+の頃から使っているのですが、正直言ってこれまでのサービスでは

使いづらかったんです、WiMAXは。

しかし、サービスが劇的に変わりました、劇的に!

ここで語りだすと冒頭部分だけで長くなってしまうので、詳しくは以下の項目でお伝えします。

その前に徹底レビューの結論だけまとめておきますね。

おすすめプロバイダ:ブロードWiMAX

おすすめ機種:Galaxy 5G mobile Wi-Fi

おすすめプラン:5Gプラン

これ、本当にベストチョイスだと思います。

WiMAX+5GをこれまでのWiMAX2+と徹底比較

WiMAX2+と比較

まず、そもそもWiMAX+5Gのサービスがどのようなものかを確認します。

使用回線WiMAX2+、au5G / 4GLTE
速度下り最大2.2Gbps*
月間通信容量スタンダードモード:上限なし プラスエリアモード(有料):15GB
3日間通信容量15GB

*ベストエフォート:実際はこんなには出ません。速くても200-300Mbps程度。

これだけ見ても全ての良さはわかりません。

WiMAX+5Gの良さを確認するためにも、どれだけ変わったのかを、以前のプランと比較してみましょう。

例えば、WiMAX2+は

  • WiMAX回線
  • au4GLTE回線

の2回線を使うことができましたが、

WiMAX回線は速度は速いんですが、障害物に弱かったので

そっちゅう繋がらない状態に直面しました(涙)

そんな時の強い味方として、障害物に強く長距離電波が届くau4GLTE回線が用意されていたんですが、この「au4GLTE回線」のデメリットとして

  • ❌使った月は月額と別途で1,100円追加支払いが生じる
  • 月に7GBまでしか使えず、超過すると劇遅に制限される

というものがありました。

それで私は

「ああ、私の生活場所ではWiMAXはダメだ…_| ̄|○ガックリ」

となっていたんです。

これが3年前ぐらいの状況でした。。。

しかし!!!

ポケけん
ポケけん
変わったオソか?

そう、変わりました。

エリアも拡大していますし、加えて5Gプランは劇的に利用しやすくなりました。

WiMAXパワーアップその1:制限がさらにゆるくなった

WiMAXは2+の時から制限が結構ゆるかったんです。

なので、繋がりにくいところはありましたが、通信容量の制限を受けることはマレでした。

WiMAX2+3日で10GB使用すると翌日18:00-26:00まで速度1Mbps
WiMAX+5G3日で15GB使用すると翌日18:00-26:00までの混雑時間帯のみ速度1Mbps

WiMAX2+の時から月間の通信容量制限はなく、直近3日の合計が10GBを超えると翌日の晩に制限がかかるという形でした。

しかも1Mbpsは普通に動画視聴ができる速度。

それがさらに赤文字の部分にあるようにゆるくなっていますね〜

ポケけん
ポケけん
本当ゆるいオソ!

本当にゆるいんです。

上記の計算でいくと、3日で15GBなので、1ヶ月では約150GB程度は自由に使えるということです。

そしてそれを超過しても、1Mbps程度までしか制限されません。

制限すんごいゆるいです!

WiMAXパワーアップその2:4GLTE回線が無料で使える

このパワーアップがめちゃくちゃすごいです!

ポケけん
ポケけん
そんなにすごいオソか?

これが本当に本当にすごいんです!

まずWiMAXを契約すると利用できる回線は2種類あるのですが、その回線の特徴は以下です。

WiMAX回線速度はかなり速い障害物に弱い電波距離が短い
4GLTE回線速度はあまり早くない障害物に強い電波距離が長い

WiMAX回線は使えるところではめちゃくちゃ早くて快適なんですが…

  • 建物の中
  • 地下鉄
  • 田舎

などでは繋がりにくかったんです。

だから、WiMAX回線が届きにくいところでは4GLTE回線に頼る必要がありました。(4GLTE回線はほとんどどこでも繋がります)

人によっては頻繁に4GLTE回線が必要だったでしょうね。

それを踏まえて、下の図を見てください。

WiMAX2+WiMAX+5G
WiMAX回線上限なし上限なし
4GLTE回線7GBまで、かつ1,100円の追加料金/月上限なし

この違いはかなり大きいですよ!

WiMAX2+の時の不便さよ!!!

ポケけん
ポケけん
比べるとすごい不便オソ!

そう、これに泣かされてきたんです、私は。

でもWiMAX+5Gからは違います。

冒頭でも紹介した「ふじもんさん」が繋がり具合も検証してくださっています。(再生すると音声が出ます)

本当にどこでも繋がるようです。

以前のWiMAX回線では苦手だった

  • 高層ビルの近く
  • 地下鉄の中(しかも電車で移動中)

でもしっかり繋がっています。

おそらくもう、

「繋がらない!」というところはないでしょうね。

5Gエリアに入ると5G回線も無料で活用できるのでさらに爆速で利用できます。

ポケけん
ポケけん
5Gはおまけみたいなものオソ!

そうなんです、5Gはおまけ感覚で十分。

WiMAX回線がもともと速いんですから。

それよりも

今まで繋がりにくかったところで繋がる4GLTE回線を無料で利用できる

これが大きいです!

これが冒頭で言っていた

地方こそおすすめ!

という理由ですね。

WiMAX+5Gにも有料プランである「プラスエリアモード」というものがありますが、それはさらに広いエリアで「5G/4GLTEエリア」を活用することができるようです。

ポケけん
ポケけん
ええ!必要ないオソ!

おそらく必要ないでしょうね。

しかし、この後ご紹介しますが、WiMAX+5Gの有料プラン「プラスエリア」を無料にしてくれるプロバイダがあります。

ポケけん
ポケけん
それも無料で利用できたら最強オソ!

そう、最強です。

もうエリアで困ることはなくなります。

  • WiMAXパワーアップ1:制限がさらにゆるくなった
  • WiMAXパワーアップ2:4GLTE回線が無料で使える

WiMAX+5Gのモバイルタイプとホームルータータイプを徹底比較

モバイルタイプとホームルータータイプタイプ比較

auから提供されている5GのWiMAXルーターは2種類

  • モバイルルータータイプ
  • ホームルータータイプ

があるのですが、どれが良いのか?

au5Gルーター2種

出典:UQWiMAX

ポケけん
ポケけん
どれがいいオソか?教えるオソ!

どれが良いのか?は、使い方によります。

ここではそれぞれの特徴を比較して、どれがどんな人(自分)に合っているのかの参考にしていただければと思います。

まずはそれぞれの特徴を取り上げます。

モバイルルータタイプから。

au5Gモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」

au5Gモバイルルーターギャラクシー

出典:UQWiMAX

モバイルタイプの特徴を紹介しておきますと…

  • 下り最大2.2Gbps*
  • 上り最大183Mbps*
  • 2.4GHz/5GGHz切替可能
  • 5.3インチ画面で操作、情報確認が可能
  • 同時接続台数 無線10台 
  • 5000mAhの大容量バッテリー
  • 連続待受時間790時間
  • 連続通信時間1000分
  • 持ち運び可能

*理論値です。この速度が出るわけではありません。

こんな特徴があります。(特に注目できるものを赤文字にしています)

持ち運びが可能

これがホームルーターには真似できない特徴ですね。

ポケけん
ポケけん
モバイルタイプだから当たり前オソ。

そうなんですけど、その違いが使う人を分けますし、この違いゆえに

個人的にはホームルーターを契約するメリットはほとんどないように思っています。

モバイルタイプルーターは5000mAhの大容量バッテリー内蔵ですので、

充電切れを心配することなくどこにでも持ち歩けます。

連続16時間以上繋ぎっぱなしで通信し続けられるんです。

au5Gホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」

au5GホームルーターL11

出典:UQWiMAX

ホームルータータイプの特徴は…

  • 下り最大2.7Gbps*
  • 上り最大183Mbps*
  • 2.4GHz/5GGHz切替可能
  • 同時接続台数 有線2台 無線30台

*理論値です。この速度が出るわけではありません。

となっています。(特に注目できるものを赤文字にしています)

モバイルルータータイプと比べると下り最大速度が少し速いですし、同時接続台数が多いですね。

同時接続台数が多い

これがホームルーターの強みです。

auWiMAX5Gルーター比較

それぞれの特徴と強みを簡単に確認したところで、それぞれを比較してみましょう。

自分に必要なものはどちらかが良くわかります。

モバイルルーターホームルーター
速度下り最大2.2Gbps 上り最大183Mbps下り最大2.7Gbps 上り最大183Mbps
周波数切替2.4GHz 5GHz 切替可能2.4GHz 5GHz 切替可能
操作性5.3インチディスプレイ操作スマホアプリ
同時接続台数無線10台有線2台 無線30台
電源5000mAhバッテリー 待受790時間コンセント
持ち運び可能不可

優れている項目は赤文字で記しています。

モバイルと比べてホームルーターの良さは

  • 速度が少し速い
  • 接続台数が多い

というもの。

逆にホームルーターと比べてモバイルの良さは

  • ディスプレイで情報確認や操作ができる
  • 持ち運べる

です。

ではこの良さを踏まえて、どれがどんな人に向いているのかを簡単にお伝えしますので、参考にしてください。

それぞれの向いている人と当サイトのおすすめ

【モバイルルーターが向いている人】

  • 外でもネットを活用したい人
  • 一人でルーターを使える人

外出先でネットを使いたいのであれば、当然持ち運びが可能なモバイルルータータイプを選ぶ必要があります。

一人暮らしの人か、または普段は自宅で家族みんなが使うけど、必要な時は誰かが持ち出してもOKな場合もこのモバイルルーターでいいでしょう。

【ホームルーターが向いている人】

  • 少しでも速い速度でネットを活用したい人
  • 家族みんなが家でネットを使う必要がある

モバイルルーターと比べて少しだけ速度の理論値が大きいので、少しでも速いネットを求めるのであればホームルーターを選びたい人もいるでしょう。

あと、家族のみんなが家でネットを使いたいから誰か一人が持ち歩くのは困る、という家庭の場合はどうせ持ち歩かないのであれば、自宅据え置きでたくさん繋げられるホームルータータイプでも良いかもしれません。

【当サイトおすすめはモバイルルーター】

以上の情報を踏まえて、当サイトがおすすめするのは

モバイルルータータイプ

です。

しかも圧倒的に、です。

ポケけん
ポケけん
どうしてオソ?ホームルーターも良いところがあるオソ。

実は

ホームルーターのメリットはそれほどメリットじゃないんです。

表記上はモバイルルーターよりも速い速度が理論値となっていますが、その差はほとんど「コンセントに差しているので電圧が少し強い」分の差です。

速度が出るためにはもっと重要な要素があります。

モバイルもホームルータも基地局からの電波をしっかり掴まないと速度は出ません。

なので、置く場所も速度に大きく影響します、電圧よりも。

コンセントが届く範囲にしかホームルーターは置けませんが、モバイルルーターは自由です。

1番電波を掴むところに置けます。(持ち運べますし)

置き方によってはモバイルルータータイプの方がずっと速度が出るでしょう。

ポケけん
ポケけん
でもまだメリットあるオソ。たくさん繋げることができるのはすごいメリットオソ。

確かに人数の多い家族や会社などではメリットになりそうですよね。

ポケけん
ポケけん
なりそうってどういう意味オソか、メリットになるオソ。

ただ、大体の家庭においてモバイルルーターが繋げる台数である10台以下に収まることが多いでしょう。

もしこれを超えた必要がある場合でも、別の問題が出てきます。

たくさん繋げる場合、たくさんの通信容量を消費する

という問題です。

WiMAX+5Gのプランはかなり通信容量があり、制限もゆるいのは確かです。

しかしそれでも、

15GB/3日間

を超えると制限がかかります。

2-3人までが限界ではないでしょうか?

ポケけん
ポケけん
…。

同時にたくさん繋げられますが、同時にたくさん使ってはいけないんです。

ということでズバリ言います。

ホームルーターはメリットがそれほどメリットではない

むしろ

持ち運べないというデメリットがついてくるので選んではいけない

これが当サイトの結論です。

もしWiMAX+5Gを検討しているのであればモバイルタイプをおすすめします。

WiMAX+5G取り扱いプロバイダを徹底比較

GMOとくとくBBvsカシモWiMAX

さあ、今度はWiMAX+5Gを扱っているサービス提供会社を比較してみましょう。

最初にUQ WiMAXで契約するとどのようなサービスかを確認しますね。

UQWiMAX5G

出典:UQWiMAX

登録料3,300円
端末代金21,780円
初月4,268円
1-24ヶ月目4,268円
25ヶ月目以降4,818円
プラスエリアオプション1,100円(使用した月のみ)
契約期間2年

もちろんUQUQWiMAXで直接契約することも可能ですが、そこに特典やサービスをてんこ盛りにしているWiMAX取扱店で契約する方がお得でしょう。

  • GMOとくとくBBWiMAX
  • カシモWiMAX

の2社を比べてみます。

両方ともWiMAXを取り扱って長いですし、信頼を勝ち得ている会社です。

GMOとくとくBBのWiMAX+5Gプラン

GMOとくとくBBWiMAX+5G

出典:GMOとくとくBB

事務手数料3,300円
端末代金0円(本来なら21,800円)
初月4,158円の日割り
1-24ヶ月目4,158円
25ヶ月目以降4,708円
プラスエリアオプション0円(本来なら毎月1,100円)
契約期間3年
契約解除料12ヶ月以内:20,900円 24ヶ月以内:15,400円 25ヶ月目以降:10,450円

赤文字で記載しているものが、GMOとくとくBBが大サービスしているところですね。

端末を無料にしてくれている代わりに契約期間が3年となっています。(UQWiMAXでは2年)

さらにプラスエリアオプションも本来なら毎月1,100円かかるものが0円で利用できますね。

ポケけん
ポケけん
このオプションはどこがいいオソか?

このプラスエリアオプションがあれば、もうどこに行っても繋がらないことはないでしょう。

以下はちょっとしたおまけ情報です。

  • 1年間使った場合
  • 2年間使った場合
  • 3年間(更新月まで)使った場合

の総費用をお伝えします。(これ以上はかかりません)

【総費用】

1年使って解約した場合の総費用:72,754円

【内訳】

  • 3,300円(事務手数料)
  • 4,158円(初月)
  • 49,896円(4,158円×12ヶ月)
  • 15,400円(解約料金)

↑一年使って解約するとこれぐらいかかります。(初月+12ヶ月使用しているので解約金は13ヶ月目以降を適用しています)

2年使って解約した場合の総費用:117,700円

【内訳】

  • 3,300円(事務手数料)
  • 4,158円(初月)
  • 99,792円(4,158円×24ヶ月)
  • 10,450円(解約料金)

↑2年目は約45,000円で使えますね。(初月+24ヶ月使用しているので解約金は25ヶ月目以降を適用しています)

3年(更新月)まで使って解約した場合の総費用:163,746円
  • 【内訳】
  • 3,300円(事務手数料)
  • 4,158円(初月)
  • 99,792円(4,158円×24ヶ月)
  • 56,496円(4,708円×12ヶ月)

↑3年目は更新月に解約すれば解約料金はいらないので、約45,000円で使えます。

まとめますと…

年数総費用
1年目(13ヶ月使用)72,754円
2年目(25ヶ月使用)117,700円
3年目(37ヶ月使用)163,746円

3年(初月を含めて37ヶ月間)使い続けるなら

1月あたり平均4,426円

で使用できます。

これ一つで自宅でのネットも、外でのネットも全てカバーできますので、3年使うつもりであればかなりお得です。

途中解除料金が高いのですが端末を無料にしてもらっている分、簡単にやめちゃったらGMOとくとくBBも大赤字ですので仕方のないことですよね。

カシモWiMAXの5Gプラン

カシモWiMAX5G

出典:カシモWiMAX

契約事務手数料3,300円
端末代金0円*
初月0円(アンケート回答者に限る)
1-24ヶ月目4,750円
25ヶ月目以降4,750円
プラスエリアオプション0円
契約期間3年
契約解除料24ヶ月以内:16,000円 25-36ヶ月以内:11,000円 更新月以降:10,450円

*3年以内に解約した場合は端末代金25,000円の支払いが生じます。

もし3年以内に解約する場合には

契約解除料+端末代25,000円が発生します(怖)

ポケけん
ポケけん
3年でやめちゃいけないオソ。

まあ、滅多なことでは解約することはないでしょうけど、万が一の時は出費が大きいですね。

でもその代わり、本家のUQWiMAXにはない、かなりお得になっているサービスがあります。

3年使えば端末代金は0円ですし、アンケートに答えるだけで、初月は利用料0円です。

さらにGMOとくとくBBと一緒でカシモWiMAXでも「プラスエリアオプション」は毎月無料で使えます。

本来は毎月1,100円かかるものです。

ちょっといくつかの項目の金額が GMOとくとくBBと違いますので、これも総費用を算出して比べてみましょう。

【総費用】

1年間使って解約した場合の総費用:101,300円

【内訳】

  • 3,300円(事務手数料)
  • 0円(初月:アンケート回答を前提とする)
  • 57,000(4,750円×12ヶ月)
  • 16,000円(解約料金)
  • 25,000円(端末料金)

↑なんと1年だけ使って解約すると総費用は10万円超え…結構高くなりましたね。

ポケけん
ポケけん
端末代金が大きいオソ。

そうですね。

2年使って解約した場合の総費用:158,300円

【内訳】

  • 3,300円(事務手数料)
  • 0円(初月:アンケート回答を前提とする)
  • 114,000円(4,750円×24ヶ月)
  • 16,000円(解約料金)
  • 25,000円(端末料金)

1年目の費用を差し引くと2年目は57,000円かかりますね。

ポケけん
ポケけん
2年目だけを見ると安くなったオソ。

3年(更新月まで)使った場合の総費用:174,300円
  • 3,300円(事務手数料)
  • 0円(初月:アンケート回答を前提とする)
  • 171,000円(4,750円×36ヶ月)

↑んなんとっ!!!3年更新月まで使った場合、2年目までの費用を差し引くと3年目は16,000円で使える計算になります!

ポケけん
ポケけん
驚きオソ!

私も自分で計算して驚きました。

1年目から10万円を超えたときは、GMOとくとくBBの圧勝かと思っていましたが。。。

これは3年間使うと、

  • 更新月に解約料金なしで解約できること
  • 端末料金の支払いがなくなる

この両方が同時に生じるからですね。

2年目まではGMOとくとくBBの方が断然お得なサービスでしたけど、

3年間使うと一気に差を縮めてきましたね。

ただそれでもGMOとくとくBBのサービスの方が全ての面でお得になることは間違いなさそうです。

GMOとくとくBBWiMAXとカシモWiMAX比較

GMOとくとくBBカシモWiMAX
契約事務手数料3,300円3,300円
端末代金0円0円(3年以内の解約の場合25,000円支払い)
初月4,158円の日割り0円(アンケート回答者に限る)
1-24ヶ月目4,158円4,750円
25ヶ月目以降4,708円4,750円
プラスエリアオプション0円0円
契約期間3年3年
契約解除料12ヶ月以内:20,900円 24ヶ月以内:15,400円 25ヶ月目以降:10,450円24ヶ月以内:16,000円 25-36ヶ月以内:11,000円 更新月以降:10,450円
1年間総費用72,754円101,300円
2年間総費用117,700円158,300円
3年間総費用163,746円174,300円
その他なし3年未満で解約すると端末代金25,000円発生

相手サービスより優れている箇所を赤文字にしています。

この2つのサービスはどちらも同じWiMAX回線ですので、品質の差は全くありません

この表の情報をもとにお選びいただければ大丈夫です。

と言っても、カシモWiMAXを選ぶ理由が見当たりませんね(汗)

プロバイダ比較での当サイトの結論

WiMAX+5Gを契約するなら「GMOとくとくBB」1択

たくさん計算が出てきてお疲れかもしれませんが、比較的わかりやすい結論が出て良かったです。

WiMAX+5Gをスマホの5Gプランと徹底比較

WiMAX5Gとスマホプラン比較
アイコン名を入力

スマホの5Gプランもけっこうよ良さそうだけど、どっちがいいんだろう?」

確かに、気になる点です。

どっちにしろスマホは必ず持っているものなので、その5Gプランで間に合うものであればWiMAXは必要ないかもしれません。

ポケけん
ポケけん
どっちがいいオソか?

それぞれの特徴を比べてみましょう。

スマホのプランと言っても

  • ドコモ
  • au
  • SoftBank

があります。

*楽天モバイルは現在5Gエリアだけでなく、4G回線エリアもまだまだ弱いので比較対象から外します。

比較するにあたって…

条件:家族割引や光回線同時加入割引は全ての人に当てはまるわけではないので対象外。

とします。

ですので、家族に同じキャリアがいたり、光回線も同時に加入するのであれば以下に紹介する金額よりも割引を受けることもできるでしょうね。

取り上げる項目は

  • 月額
  • 通信容量
  • テザリング容量
  • 通話料金
  • 実際にかかる毎月の総額

です。

速度に関しては5G回線や4G回線は横並びと考えます。

3社とも、またWiMAX+5Gも差はないでしょう。

【ドコモ】5Gギガホプレミア

ドコモギガホプレミア

出典:NTTdocomo

わかりやすいように表にまとめます。

月額7,315円
通信容量無制限(5Gも4Gも無制限)
テザリング容量無制限
通話料金5分:月額770円 かけ放題:月額1,870円

主に金額と通信容量について取り上げました。

これに端末代金は含まれていません。

ポケけん
ポケけん
え?じゃあ、端末も購入するともっと高くなるオソか?

そうですね。

*端末をドコモから購入することは必須ではありませんが、端末購入しない場合はすでに5G対応端末を持っていることをドコモに証明する必要があります。

毎月かかる費用は

  • 5分通話オプションだと毎月の総額が8,085円
  • かけ放題オプションだと毎月の総額が9,185円

です。

ちょっと高いですけど、でもこれでネットもどこでも使い放題です。

しかもドコモの場合はテザリングも無制限で利用できます。

つまりそのスマホを通して他のデバイス(パソコンやタブレット、または他のスマホ)もネットに繋げられます。

ポケけん
ポケけん
おお!すごいオソ!

いいですよね^^

【au】使い放題MAX5G

au5Gプラン

出典:au

月額7,238円
通信容量使い放題(使いすぎると混雑時に速度制限あり。切断はされない)
テザリング容量使用通信量が30GBを超えると128kbpsに制限*
通話料金5分:月額880円 かけ放題:月額1,980円

*128kbpsの速度に落ちるとほぼ使えないと思ってください。

月額は30円ほどドコモよりも安いですけど、

  • テザリングが30GBまで
  • 通話料金が110円高い

という点で劣ってますね。。。

ポケけん
ポケけん
残念オソ。

毎月かかる費用は

  • 5分通話オプションだと毎月の総額が8,118円
  • かけ放題オプションだと毎月の総額が9,218円

です。

総額もドコモよりもちょっとだけ高いです。

テザリングも30GBまでの上に、総額も高いとなるとドコモを選んだ方がお得ではありますが、家族にauスマホを使っている人がいるとか、auひかりを検討中であれば

  • 家族割引
  • au光回線同時契約割引

を利用できるので、auでの5Gプランももう少し安くできるでしょう。

【SoftBank】メリハリ無制限

SoftBank5Gプラン

出典:SoftBank

月額7,238円
通信容量使い放題(時間帯により速度制限あり)
テザリング容量使用通信量が30GBを超えると低速化*
通話料金5分:月額880円 かけ放題:月額1,980円

*サイトに明記はされていませんでしたが、もしauと同じように128kbps程度まで減速するなら、遅すぎてほぼ使えない状態です。

ほとんど、auと一緒ですね。

ポケけん
ポケけん
残念オソ。

なのでやはり、月額は30円ほどドコモよりも安いですけど、

  • テザリングが30GBまで
  • 通話料金が110円高い

という点でドコモより劣ってます。

毎月かかる費用は

  • 5分通話オプションだと毎月の総額が8,118円
  • かけ放題オプションだと毎月の総額が9,218円

です。

毎月の総額もauと全く一緒ですね。

なので、今からキャリアを選ぶのであればドコモの方が5Gプランはお得になりますが、家族にSoftBankを使っている人がいるとか、SoftBank光回線も検討中であれば

  • 家族割引
  • 光回線同時契約割引

が利用できるのでSoftBankでの5Gプランもありでしょう。

そうでなければ、

スマホの5Gプランはドコモがベスト

ですね。

WiMAX+5Gの特徴

スマホの5Gプランと比較するために、簡単にWiMAX+5Gの特徴をまとめます。

  • 端末:モバイルタイプ
  • プロバイダ:GMOとくとくBB
通信容量月間上限なし/3日間で15GB超えると翌日混雑時間帯に1Mbpsに減速
月額料金1-24ヶ月目:4,158円 25ヶ月目以降:4,708円
端末料金無料
年契約3年契約
解約料金12ヶ月以内:20,900円 24ヶ月以内:15,400円 25ヶ月目以降:10,450円 更新月:0円
バッテリー5000mAh:待受790時間

と、このような特徴があります。

当然持ち運びも可能です。

WiMAX+5Gとドコモ5Gギガホプレミアを比較

では、スマホの5Gプランの中でも特に優れたドコモの「5Gギガホプレミア」を表で比較してみます。

WiMAX+5Gドコモ5Gギガホプレミア
通信容量3日間で15GB超えると翌日混雑時間帯に1Mbpsに減速無制限
月額料金1-24ヶ月目:4,158円 25ヶ月目以降:4,708円9,185円(かけ放題プラン付)
端末料金無料機種による(iPhoneは10万円超)
年契約3年契約なし
解約料金0円〜20,900円(タイミングによって異なる)なし
バッテリー5000mAh:待受790時間機種による

どちらにも良さがありますね。

月額料金にこれだけ差が出ているのは、スマホ料金も一体型だからですね。WiMAX+5Gはネット専用ルーターですので、スマホは別で契約している必要があります。

なのでトータルで見ると、あまり金額的な差は無いかもしれません。

じゃあ、結局何を基準に選んだ方が良いのか?

ポケけん
ポケけん
本当オソ。どうやって選んだらいいオソか?

ポイントはそのネットを

  • 個人で使うのか、家族で使うか?
  • スマホだけで使うのか他のデバイスでも使うのか?

になるかと思います。

スマホの5Gプランは個人用としてはgood!

ただしテザリングするとバッテリー消費が早く、熱を持つため注意が必要です。

なので、そのスマホ専用プランとして考えた方が良いでしょう。

しかし、他のデバイスや家族もネットを使いたいならWiMAX+5Gが良いです。

WiMAX+5Gのモバイルルーターは自宅に置けばみんなで使えますから。

【結論】

個人でネットを使うなら⇨スマホの5Gプラン

他のデバイスや家族もネットが必要なら⇨WiMAX+5G

ポケけん
ポケけん
ポケけんは松ちゃんが好きだからソフトバンクのスマホにするオソ。

そういう人もいるでしょうね。

WiMAX+5Gを自宅固定光回線と徹底比較

光回線と比較
アイコン名を入力

自宅に光回線を引くのと、WiMAX+5Gのモバイルルーターではどっちがいいんだろう?

ポケけん
ポケけん
これも気になるオソ。

では、最後にWiMAX+5Gと「光回線」を比べてみましょう。

WiMAX+5Gモバイルルータータイプ

Galaxy 5G mobile Wi-Fi

出典:ブロードWiMAX

  • 端末:モバイルタイプ
  • プロバイダ:GMOとくとくBB
速度下り最大2.2Gbps 上り最大183Mbps
通信容量月間上限なし/3日間で15GB超えると翌日混雑時間帯に1Mbpsに減速
月額料金1-24ヶ月目:4,158円 25ヶ月目以降:4,708円
工事費0円
持ち運び可能
契約期間3年
解約料金12ヶ月以内:20,900円 24ヶ月以内:15,400円 25ヶ月目以降:10,450円 更新月:0円

これらが特徴です。

ポケけん
ポケけん
表にすると特徴がわかりやすいオソ。

【光回線】exciteMEC光

exciteMEC光

出典:exciteMEC光

今度は光回線ですが、当サイトが高く評価する光回線「enひかり」と比べたいと思います。

【exciteMEC光の特徴】

回線NTTフレッツ光
速度下り最大1Gbps
通信容量無制限
月額料金戸建て:4,950円(12ヶ月間4,433円) マンション:3,850円(12ヶ月間3,361円
工事費完全無料
持ち運び不可
契約期間なし
解約料金0円

これがenひかりの特徴です。

ポケけん
ポケけん
enひかりは契約期間がないオソね。

そうなんです、いつでも無料で解約できる光回線なんです。

そして、光回線業界最安値です。

回線はNTTのフレッツ光ですので、品質も保証されています。

では、WiMAX+5Gと光回線exciteMEC光を比較してみましょう。

WiMAX+5Gモバイルルータータイプと【光回線】exciteMEC光比較

表で比較しますね。

WiMAX+5Gモバイルルーター光回線exciteMEC光
速度下り最大2.2Gbps下り最大1Gbps
通信容量3日間で15GB超えると翌日混雑時間帯に1Mbpsに減速無制限
月額料金1-24ヶ月目:4,158円 25ヶ月目以降:4,708円戸建て:4,620円 マンション:3,520円
工事費0円完全無料(2021年9月キャンペーン)
持ち運び可能不可
契約期間3年なし
解約料金0円〜20,900円(タイミングによって異なる)0円

表で比べるとそれぞれのメリットが際立ちます。

月額的にはそこまで差はないですね。

しかし速度についてはちょっと注意が必要です。

ポケけん
ポケけん
速度は5Gの方が2倍速いオソ!

いえ、それほどの差はないでしょう。

無線は安定しにくく減速しやすいので、

おそらく実際の速度は同程度

と考えられます。

両方とも、具体的な数値は200〜300Mbpsぐらいでしょうね。

ですので、スピード以外を比較して自分に合っているものを検討すべきです。

両方の特徴から、それぞれがどんな人に向いているのかを以下にまとめます。

WiMAX+5Gモバイルタイプが向いている人

WiMAX+5Gの特徴は、

  • 持ち歩ける
  • 工事も工事費も必要なく、すぐに使える
  • 3年契約

です。

この特徴から導き出せる…

WiMAX+5Gが向いている人
  • 外でネットを使うことが多い人
  • 家に光回線を引けない人
  • 長く使い続けられる人(3年契約のため)

こういう人はWiMAX+5Gのモバイルルーターを快適に使えるでしょう。

特に赤文字部分がポイントですね。

【光回線】exciteMEC光が向いている人

光回線exciteMEC光の特徴は

  • 自宅固定の回線
  • 速度が安定して速い
  • 光回線なので通信量無制限
  • 工事が必要
  • 工事費は完全無料(2021年9月中)
  • いつでも無料で解約可能

です。

なので、これらの特徴からしますと…

【光回線】exciteMEC光が向いている人
  • 自宅に回線工事が可能な人
  • いつでも快適にネットをしたい人(速度安定性)
  • 3日で15GB以上使う人
  • 長い契約期間や解約金が嫌な人

となるでしょう。

特に赤文字部分がポイントになるかもですね。

やっぱり光回線の通信量無制限はかなり安心して使えます。

【光回線】exciteMEC光について詳しく取り上げた記事もありますので、どうぞご覧ください。

https://taixihuankafei.com/excite-mec-optical-line/

まとめ:【徹底比較】 WiMAX+5Gを全角度からレビュー!

この記事ではいろいろな角度からWiMAX+5Gを徹底比較してきました。

  • WiMAX2+(これまでのWiMAX)と比較
  • モバイルルーターとホームルーターを比較
  • WiMAXプロバイダ(ブロードWiMAX・カシモWiMAX)サービスを比較
  • スマホの5Gプランと比較
  • 光回線と比較

それぞれを比較した結論をまとめますと、

【WiMAX2+と比較】

  • 通信制限や通信エリアの面で格段に良くなった
  • 地方の人こそWiMAX+5Gを利用すべき

【ホームルータータイプとモバイルルータータイプを比較】

  • ホームルータタイプよりもモバイルルータータイプが断然良い

【優良WiMAXプロバイダを比較】

【スマホ5Gプランと比較】

  • 個人で使うのであればスマホの5Gプラン(docomoがおすすめ)で十分
  • 家族で、あるいは複数端末でネットを使うのであればWiMAX+5Gが良い

【光回線と比較】

  • 持ち運びが必要だったり、自宅に工事ができない場合⇨WiMAX+5G
  • 速度の安定が必要だったり、自宅で使うことが主であれば⇨光回線exciteMEC光

となります。

ポケけん
ポケけん
たくさん比較があったオソ。

最終的な結論を一言で言いますと、

光回線が引けない人・地方の人こそWiMAX+5G

というものです。

ただし、自宅で使うことがメインであればドコモホームルーター「home 5G」がおすすめです。

docomo-home5g
ドコモ「HOME5G」の速度やエリア、通信制限は?【キャンペーン情報あり】 天下のドコモからとうとうホームルーターが出ました。 しかも5G通信対応で。 「工事不要!簡単設置」を売りに、これま...

この結論やこれらの比較が何かしらあなたのお役に立てれば幸いです。