ポケットWi-Fiの疑問・悩み

被害にいち早く対処!地震や災害時のネット環境確保できてますか?

不意にやってくるもの、それが自然災害です。

そして、災害を経験する人の多くが「自分のところは大丈夫」と思っていたでしょう。

自然災害を避けることはできませんが、そのために事前にできるだけの備えをしておきたいものです。

どんな準備ができるでしょうか?

災害に巻き込まれたとき、自分の家族の安否が気になるものです。

親族に無事を伝える必要もあるでしょう。

その他いろいろな必要のため、通信手段がかなり重要になります。

災害時はみんなが電話を使うのでなかなかつながりません。

どうしますか?

スポンサーリンク

地震発生!…その時のネット環境の用意はできていますか?

日本列島は地震大国です。

痛ましい被害を何度も経験しています。

そのたびに何かしらを学び、次に生かせるように、被害を縮小できるように国全体で対処していきています。

個人としてできることはありますか?

これまでの経験から何を学べますか?

災害時の前に準備しておくものその①:飲食物関連

もちろん、災害発生時の備えとして優先度の高いものは、

  • 水や簡易食糧
  • 医薬品
  • 衣類
  • 身分証コピー

などなど、他にもいくつか挙げられるでしょう。

「防災〇点セット」などを購入して準備しておくのも一つの手です。

しかし、本記事で提案したいのは次の備えです。

災害時の前に準備しておくものその②:通信手段

「電話をいつも持ってるから大丈夫」

と油断してしまいがちなのが、「通信手段の確保」です。

ケータイの充電セットを用意しておくことも大切ですが、意外と忘れられるのが災害が発生すると電話回線が混雑するという事実です。

それにそういう時は、電話回線を救急関連のやり取りに譲りたいものです。


ですから、地震などの災害発生時は、電話回線よりもインターネットを利用したデータ通信を活用できることがかなり重要です。

もちろんスマホがあればいくらかデータ通信でのやり取りは可能です。

しかし、スマホでのデータ通信はプランが高額なため、インターネットは主に家の固定回線を使い、スマホのプランは小さなデータ容量にしている場合が少なくありません

ですから、いざという時にすぐデータ容量が限界に達するかもしれません。

いつでもネット環境を確保するためにはモバイルWi-Fiがベスト

地震や災害に直面するときに、いつでもネット環境を確保する一つの手段として

持ち運び可能なネット「WiMAX(ワイマックス)」

を利用する、という選択肢があります。

WiMAXならどこでも使えます。

充電コードも持ち歩けば、ずーっと使えます。

災害時に役立つだけではありません。

災害のない平時に利用するにも快適にネットを活用できます。

最近のWiMAXは固定回線にも迫る勢いで進化しているので、多くのインターネット利用者が自宅に固定回線を引くよりも持ち運び可能なWiMAXを契約することを選んでいます。

WiMAXのサイトを見てみる

WiMAXがどういうものか、モバイルWi-Fi(いわゆるポケットWi-Fi)を持つメリットはどれほどかを取り上げた「ポケットWi-Fi(ワイファイ)にするメリットはある?デメリットは何?」という記事は参考にしていただけるかもしれません。

ポケットWi-Fi(ワイファイ)にするメリットはある?デメリットは何?

また、WiMAXをどのように選んだらよいかに関する「WiMAX2+比較2018!正しい選び方はコレ!」という記事もご参考いただけるかと思います。

WiMAX2+比較2018!正しい選び方はコレ!

WiMAXの「ギガ放題」プランであれば、肝心な時に通信制限を受けるという心配もないので、平時も災害時ももってこいのWi-Fiだと言えるでしょう。

緊急時のネット環境確保まとめ

地震やその他の災害はいつ自分の身に降りかかるか分かりません。

「今」備えておく必要があります。

あなたは準備が整っているでしょうか?

「いざという時」はすぐそこに来ているかもしれません。

災害列島日本において生活する知恵を身に着け、実践していきましょう。

もしかすると災害が身近で起こった時、あなたの準備があなただけではなく他の人を助けるかもしれません。

スポンサーリンク