光回線(工事あり)

光回線工事に外壁穴あけは必須?解決策はある?

光回線工事外壁に穴

光回線を自宅に引きたいと思っても、気になることがいくつか出てきますが、その一つが

外壁に穴あけ工事をするのか?

というもの。

自分の持ち家ならまだしも賃貸物件の場合は許可を得る必要があったり、許可が下りなかったり…

ということがあると面倒ですよね。

でも、全ての物件で外壁に穴を開けるわけではありません。

この記事では…

  • 基本的に光ファイバーを引き込む穴は必要
  • 外壁に穴を開けないで済む場合
  • 光回線よりホームルーターの方が良い場合もある

について取り上げます。

もしこだわりがなければ、

ホームルーター(置くだけ)Wi-Fi

をお勧めしますよ。

ホームルーターの出始めはあまり評判が良くなかったですが、天下のドコモが提供し始めたdocomo「home5G」はすごく優秀なインターネット回線です。

ちょうど今なら18,000円還元特典のがついているようですし。

光回線にこだわりがなければ…ですが、docomo「home5G」を見てみてください^^

今予約なら端末39600円も無料になるようです。

人気すぎて1ヶ月待ちのようですが、個人的に「それだけの価値はある」と思っています)

本サイトでも「home5G」について取り上げた記事がありますので、参考になるかもしれません。

docomo-home5g
ドコモ「HOME5G」速度と通信制限の実状に衝撃! 本記事は アイコン名を入力 ドコモのホームルーター『home 5G』の 通信制限ってどうなんだろう? どれぐらい速いんだろう? ...

基本的に光回線には光ファイバーを引き込む穴が必要

光回線を利用するには

光ファイバーという実際の線を自宅内に引く

ということなので外壁に傷がつく工事を行なうことは多くの場合必須です。

どんな傷がつく可能性があるかというと、

  • 光ファイバーを通す貫通穴
  • 外壁に光ファイバーを固定するためのビス穴
  • キャビネットという箱状器具を取り付けるビス穴

の3種類です。

いずれも3-4ミリ程度の細い穴ではありますが、傷はつきます。

中には

「20箇所ほど穴を開けます」

と言われた人もいるようです。(多い…)

防水加工などはちゃんとなされますので、その点の心配はありませんが、見た目はちょっと…アレですよね。

賃貸であれば、オーナーは嫌がることもあるかもしれません。

ただし、光ファイバーを通す貫通穴は、開けずに済む場合があります。

外壁工事で穴を開けずに済む場合

できればこの貫通穴は開けたくないものです。

光回線会社もその点は配慮してくれるので、

極力すでに開いている穴を利用

するようにしてくれます。

例えば

  • エアコンのダクト穴
  • 電話線が通っている穴

など。

ただし、

絶対とは言えません。

状況によっては貫通穴を新たに作る必要があるかもしれません。

その場合には…穴を開けるしか仕方ないですね。

穴を開けない事例:下の動画でエアコンの穴を利用している様子がわかります(再生すると音声が出ますよ)

ロッキーと暮らす。_LIFFY夫婦 チャンネルさん

ただ、この場合もビス穴を開けたり、部屋の中でも作業が色々あります。

部屋の中に取り付ける機器もあります。

光回線よりもホームルーターが良い場合もある

「穴を開けるかどうか」

の問題もそうですが、

実は多くの場合、光回線よりもホームルーターの方がメリットが多い場合があります。

実際、現在のホームルーターは本当に優秀になっています。

光回線不要説まで出るほどです。

ホームルーターの良いところを挙げますと…

  • ①工事が必要ない
  • ②5G回線(超高速4.2Gbps)
  • ③引っ越しがあっても移動が簡単
  • ④どの家でも使える

などがあります。

①工事が必要ないので、

  • 外壁にも部屋の中にもビス穴が開かない
  • 業者も自宅に入ってこない
  • 工事待ちの期間もない

というメリットがあります。

②5G回線を使用しているのですっごい速いです。

ホームルーターはコンセントに繋ぐだけなので、移動が楽々です。

急な引っ越しなどが生じても問題ありません。

④どんな家に住んでいても使用可能です。

工事が必要ないということは賃貸物件であっても大家さんに許可を取る必要がないんです。

急な転勤が生じてもネットの問題は生じないですね。

ホームルーター…今からネットを選ぶならお勧めです。

↓今、15,000円キャッシュバックキャンペーンのようです!

⇨今、1番売れてるホームルーターをドコモ公式サイトで見てみる

まとめ:光回線工事に外壁穴あけは必須?解決策はある?

今回は光回線の工事の際に

  • 穴あけが必要な理由
  • 穴あけをしないでも良い場合

について取り上げました。

●光ファイバーを物理的に自宅内に引き込む必要があるので貫通穴は必要

でも、

●エアコン穴や電話線穴を利用することも可能

という結論でした。

インターネットに安定感を求めるなら、まだまだ光回線は良い選択肢ですが、

工事で外壁に傷をつけたり穴を開けたりするのはちょっと…

という場合も含め、

今からインターネットの契約を考えているのであれば

置くだけホームルーターが良い

ということも取り上げさせていただきました。

ホームルーターの中でも現在おすすめできるのは

docomoホームルーター「home5G」

です。

特集記事がありますので、よろしければどうぞご覧ください。

docomo-home5g
ドコモ「HOME5G」速度と通信制限の実状に衝撃! 本記事は アイコン名を入力 ドコモのホームルーター『home 5G』の 通信制限ってどうなんだろう? どれぐらい速いんだろう? ...

最後までご覧いただきありがとうございました。