比較!賢いネットの選び方

【2018年10月】ワイモバイルPocketWi-FiとWiMAX2+比較!エリア・電波・月額は?

pocketWi-FiとWiMAXの比較

「ポケットWi-Fi」

というと何を真っ先に思い浮かべるでしょうか?

ん?ポケットWiFiはポケットWiFiじゃないの?

実はよく聞くポケットWi-Fiという言葉は厳密にはワイモバイルのPocketWi-Fiからきていて、ワイモバイルの登録商標なんです。ですから持ち運び可能なWi-Fiという意味では「モバイルWi-Fi」が無難な言葉の使い方ではあります(-_-;)しかし現状としては一般に「モバイルWi-Fi」という意味で「ポケットWi-Fi」という言葉は認識されているので本サイトでもそのように「ポケットWi-Fi」という言葉を使っています。

ですから、ポケットWi-Fiといっても、いろいろあって、この記事では特に有名な「WiMAX」と「ワイモバイル」を取り上げています。

そうなんだ。じゃあ、この2つのサービスのうちどれが自分にあっているんだろう?

と悩まれるかもしれません。

ポケけん
ポケけん
うん、2つに絞ってもまだ迷うオソ。

この記事では、どれを選んだほうが快適に使用できるか具体的にイメージできるように、2つのサービスを比較しながら具体的に取り上げていきます。

まずそれぞれがどのようなサービスなのかという基本情報

そしてそのカバーしているリア」

それと深い関わりがある電波」

快適に使う上でかなり重要な「速度制限」

最後に一番気になる「月額料金関係」

を見ていきましょう ^^

ワイモバイルとWiMAXの基本的な違いは何?

「ワイモバイルのPocketWi-FiとWiMAXってそもそもどう違うの?

と思いますよね。

いろいろありますもんね、ポケットWi-Fiって。

それで簡単ではありますが、下の表でいくつかの違いをまとめてみました。

比較表

会社が違って、

回線や電波も当然違っているので、

「どっちを選んでも違いはないだろう」

ということはありません。

やはりいろいろと相違があります。

こっちの回線の方が速い!

とか、

こっちの電波の方が繋がる!

とか、

こっちのプランの方が安い!

という風に。

ポケけん
ポケけん
なるほどオソ。

結論から言いますと(元も子もありませんが)

あなたのお住まいの地域がWiMAXエリア内であればWiMAXが断然オススメです!

ポケけん
ポケけん
おお!断言するオソね。

WiMAXについてお知りになりたい方は、どうぞ以下の記事もご覧ください。

WiMAX2+比較2018!正しい選び方はコレ!

カシモWiMAX

本記事を読み進める間に、あなたも同じ結論に達するでしょう( *´艸`)

ということで、具体的に他の違いについて見ていきましょう ^^

ワイモバイルとWiMAXは「エリア」と「電波」が違う

まず下の表をご覧ください。

比較表

ね?違うでしょう?

ポケけん
ポケけん
違うは違うけど、よくわからないオソ。

確かによくわからないかもしれませんね。

実際エリアに関しては

「人口カバー率99%」で同じですし。

エリアの違い

エリア

ワイモバイルもWiMAXにも

LTE

という電波があります。

これがとても素晴らしくどこでも繋がります。

ワイモバイルはこれが標準電波であり、

一方WiMAXはメイン電波はWiMAXでLTEはオプション電波という位置で扱っています。

WiMAX電波は残念ながら人口カバー率99%に及んでいません。

そしてWiMAXでこのLTEを使いたければ、オプション料金を支払わなければなりません。

ですから「人口カバー率99%を本当に味わおう」「日本中どこへ行っても繋がりたい」と思うのであればワイモバイルの方が良い

…ように見えるかもしれません。

ポケけん
ポケけん
違うオソか?

しかし、料金プランを合わせて考えると、やはりWiMAXがお得になるのです。

料金プランを考えるまえに、電波についても見てみましょう。

電波の違い

LTE

LTE電波は遠くまで届き、柔軟に建物の裏にも回り込みます。

一方WiMAX電波は直進型で高速ですが、回り込みが苦手です。

ですからやはりWiMAX回線は場所を選ぶ電波だと言えます。

ですが、WiMAX電波の届くところで利用するのであれば快適この上ありません。

ですから重要なのは、「あなたが住む場所や行動範囲はWiMAX電波のエリア内かどうか」です。

エリア判定ページ

ここまでの部分を見ると

「ワイモバイルの方が使い勝手がよいかも」

とお感じになっているかもしれません。

ポケけん
ポケけん
うん、感じるオソ。

ソフトバンクなどのショップに行っても上記の部分をアピールしてくるかと思います。

しかし下記の情報も合わせて、

トータルで本当に良いポケットWi-Fiはどれかを判断する必要があります。

ワイモバイルとWiMAXは速度制限が違う

また、下の表を先にご覧ください。

比較表

速度制限に関してもほぼ一緒に見えるかもしれません。

しかし、実は違うのです。

まず表に表れている違いは、

制限が「当日」にかかるか「翌日」にかかるか、です。

この違いも結構大きいものです。

夕方6時にダウンロードや動画視聴などをしていて、通信容量が3日で10GBを超えてしまったとしましょう。

ワイモバイルだとダウンロードの途中でも問答無用に速度が落ちます。

WiMAXであればその日は何の影響もなく、翌日に制限がかかるので当日は安心して作業をつづけることができます。

地味に思われるかもしれませんが、とても大きなメリットです。

速度制限の1Mbpsについて詳しくお知りになりたい方は次の記事もごらんください。

WiMAX2+の速度制限時1Mbpsってどのくらい遅いの?

しかし、じつはこれ以前の問題が隠されています。

ワイモバイルはそもそも月間7GBまでしか通信容量を利用できず、月間無制限にしようと思うなら「アドバンスモード」というオプションに加入しなければいけません。

しかし、この「アドバンスモード」が利用できるエリアは今現在は大都市圏内に限定されている状態です。

 

↑これが東京近郊のエリアで、赤いところが利用可能エリアです。

↑これが四国周辺です。

ですから日本中どこでも繋がる電波ではあるものの、日本中の多くの地域では「7GBまでしか利用できない( ゚Д゚)」のです。

ポケけん
ポケけん
それは話が違ってくるオソ。

つまり、「月間で7GBも通信しない人」以外は、すぐに不便な状態になります。

7GBを超えると超低速に制限されます。

その速度、128kbps…

これではweb閲覧も厳しいでしょう。

ポケけん
ポケけん
それは嫌だオソ。

7GB以上利用しようと思うなら

500MBを500円で購入することができますが、それもすぐに使い切り、お金がいくらあっても足りないでしょう(T_T)

アドバンスモードが使える大都市にお住いの方であれば、まだワイモバイルの検討の余地があるかもしれませんが、大部分の人にとってはワイモバイルはWiMAXが使えない時の二番手的な位置に置いた方が良いでしょうね。

ポケけん
ポケけん
そうなるオソか。

ワイモバイルとWiMAXは月額料金が違う

実際に料金について見ていきたいと思います。

比較表

事務手数料は変わりません。

ワイモバイルはルーター料金がかかる

有料

1つ大きな違いとして、ルーター料金があります。

ワイモバイルはルーターも購入する必要があります。

ポケけん
ポケけん
ええ!今時買うオソか?

しかも結構高い…

一方のWiMAXは多くのプロバイダが無料でルーターを提供しています。

これだけでも支払い料金に差が出てきます。

実際にワイモバイルで契約するとルーターの代金は月額からキャンペーン割引されますが、途中解約などが生じた場合にルーター代金が解約手数料に上乗せされて請求されます。

ワイモバイルは月額料金等もろもろも基本高い

ポケけん

それだけではなく、ワイモバイルは月額料金も基本高めの設定です。

ワイモバイルは月間通信容量無制限にするためにアドバンスモードのオプション料金を加えると、WiMAXギガ放題プランとの差が開いてきます。

ですからワイモバイルのサイトやショップの説明だけ聞いていると、便利で安い印象を受けるんですが、実際契約してみると

「え?無制限じゃないの?」

「え?自分のところはアドバンスモード使えないの?」

「え?追加料金こんなに高いの?」

「え?解約料金こんなにするの?」

…などなど、となるかもしれません。

ポケけん
ポケけん
事前に知っておかないと怖いことばっかりオソ。

さらに、契約期間もワイモバイルは「3年」

WiMAXは「2年or3年」です。

できれば短い2年契約ができる方がいいですよね。

もっと違いをイメージできるように

ちょっとシミュレーションしてみたいと思います。

ワイモバイルとWiMAXの支払いシミュレーション

やはり論より証拠と言えるシミュレーション。

まず、ワイモバイルからです。

できるだけ同じ条件の比較になるようにしてみます。

  • 月間通信容量無制限プラン
  • 機種はよく選ばれている人気機種
  • 3年間で計算
  • 安心保障オプション加入

という条件でシミュレーションです。

ではいってみましょう。

ワイモバイル料金シミュレーション

ワイモバイル

出典:ワイモバイル

  • プラン:PocketWi-Fiプラン2
  • 機種:603HW 
  • 3年お特割適用

事務手数料:3,000円

加入月:月3,969円の日割り料金(仮に半月の場合=1,848円

1ヶ月目~37ヶ月目:3,696円×37ヶ月=136,752円

アドバンスモード:月684円×37ヶ月=25,308円

故障安心パック:月500円×38ヶ月=19,000円

以上です。

(なぜ3年なのに37ヶ月なのか…は私にもわかりませんが、ワイモバイルのサイトではそのように設定されていました)

これらが3年間のそれぞれの支払額です。

ではまず総支払額を出してみましょう。

185,908円

これが3年間の総支払額です。

安心してください、これ以上は出ません( *´艸`)

これを37.5ヶ月で割って平均月額を出してみます。

4,958円

これが37.5ヶ月間の平均月額です。

ほぼ5,000円。

やはりちょっと高いですね。

ポケけん
ポケけん
う~ん。高いオソ。

しかも、アドバンスモードが利用できる地域の方だけです。

アドバンスモードが使えない地域にお住いの方は7GBを超える度に、500MBごとに500円を支払って容量を増やしていくしかありません。

ポケけん
ポケけん
その追い打ちはほんと嫌オソ。

ではWiMAXのシミュレーションです。

WiMAXの料金シミュレーション

ブロードWiMAX

出典:BroadWiMAX

この上記のプロバイダ「ブロードWiMAX」を例にWiMAXの料金をシミュレーションしてみます。

  • プラン:ギガ放題
  • 機種:Speed Wi-Fi NEXT W05
  • 3年契約プロバイダ:BroadWiMAX

事務手数料:3,000円

加入月:月2,726円の日割り料金(仮に半月の場合=1,363円

1~2ヶ月目:月2,726円×2ヶ月=5,452円

3~24ヶ月目:月3,411円×22ヶ月=75,042円

25~37ヶ月目:月4,011円×13ヶ月=52,143円

安心サポートプラス:月550円×37.5ヶ月=20,900円

以上です。

これらがそれぞれの3年間の支払額です。

総支払額は

157,900円

です。

もちろんこれ以上はでません。

ワイモバイルとは3年間で3万円ほど違ってきますね。

3年間の平均月額は

4,211円

です。

ポケけん
ポケけん
おお!かなり安く見えるオソ!

ワイモバイルとは月額で700円ほど変わってきます。

ということで、やはり私は個人的にWiMAXをおすすめします。

今回はワイモバイルと合わせるためWiMAXのプロバイダとして

ブロードWiMAX

を挙げましたが、

実はもっと安くて2年契約可能なプロバイダがあります。

それは

カシモWiMAX

カシモWiMAX

というプロバイダです。

カシモWiMAXはとても安いプランを展開しています。

なんと月々3,000円台です。

もちろんこの比較記事と同じように、すべてコミコミで計算しての価格です。

WiMAX回線は、「UQWiMAX」も「BroadWiMAX」も「カシモWiMAX」も品質は一緒ですので、安心できます。

カシモWiMAX

カシモWiMAXがどれだけ良いプロバイダであるかを特集した以下の記事もよろしければご覧ください。

カシモWiMAX(ワイマックス)が安いと評判!お得かどうか比較

 

まとめ

まとめ

ワイモバイルを批判するつもりはないのですが、ユーザーの立場に立って

トータルで良いもの

を考えたときには、どうしてもワイモバイルでは不便、不満なところが目につきます。

WiMAXも完ぺきな回線やプランであるというわけではありませんが、

現状、無制限プランの中で最も使えるモバイルWi-Fiと言えます。

とは言え、無制限じゃなくていいからソフトバンクの回線が使いたい!

でも7GBでは少し足りない!

という方もいらっしゃることでしょう。

ソフトバンクの回線を7GB以上のプランで利用するもう一つの方法があります。

以下の記事はその参考となると思います。

https://taixihuankafei.com/rental-softbank/

 

本記事も最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます。