比較

ポケットWi-Fiのワイモバイルが遅い!?速度制限が原因では?

「うん?なんでこんなに遅いんんだ?」

「動画がカクカクして全然まともに再生されない!」

なんて、ワイモバイルのpocketWi-Fiを使用していて感じることがありますか?

ワイモバイルは使えないのでしょうか?

遅くなっている原因としてどんなことが考えられるでしょうか?

この記事ではそれらの点と解決策、そして賢い使い方を取り上げたいと思います。

ワイモバイルポケットWi-Fiのスピードは本来遅くない

まず、最初で確認しておきたいことが

ワイモバイルpocketWi-Fiのそもそもの通信速度は決して遅くはない

ということです。

出典:Y!mobile

最高速度612Mbps十分速いです。

それでも現実にスピードが遅いということは、何か障害が生じているということです。

幾つか考えられる原因を取り上げ、その解決策まで考えていみましょう!

ポケットWi-Fiワイモバイルが遅くなる原因は?

速度が遅くなる原因はもちろん一つだけでありません。

ここでは考えられる〇つの原因を取り上げたいと思います。

遅くなる原因⑴Wi-Fiルーターが初期不良を起こしている

これは頻繁にある事例ではないとはいえ、端末が届いて初期のころから繋がりが悪いのであれば、初期不良を疑う必要があります。

朝も昼も夜もずーっと変わらず

遅すぎる!(。-`ω-)

と感じるのであれば初期不良の可能性がおおいにあります。

解決策⇨

再起動してみて改善が見られないようであれば、プロバイダに連絡し、初期不良による交換をお願いする

遅くなる原因⑵電波環境が悪い場所で使用している

ワイモバイルのpocketWi-Fiは結構広範囲にエリアを有していますが、やはり地下であったりビルなどの建物の中であったりすると電波は届きにくくなります。

解決策⇨建物の外など電波の良い場所に出ると解決できる

しかし、出先の建物内であれば外に出れば解決できますが、自宅の場合はどうしましょうか?

自宅の場合は、、、

解決策⇨Wi-Fiルーターをできるだけ窓側に置く

ことで解決できる場合が少なくありません。

遅くなる原因⑶基地局で問題が起こっている

瞬間的な利用過多によって基地局内で問題が起こっていることが理由として一つ挙げられます。

いわゆるパケット詰まりというヤツです。

一時的であれば、対策は

「待つ」

です。シンプルですが、これしかありません。

あるいは違う基地局の場所まで移動することも手ですが、めんどくさいですよね。

問題は「瞬間的な」利用過多ではない場合です。

つまり「慢性的な」利用過多の場合です。

利用者が少ない時間帯はそれほど問題なく使えるけど、夕方以降は特に「異常に遅い」速度しかでない状態が「毎日」続くという状況がこれに該当すると言えるでしょう。

機器の故障であれば、時間帯は関係なく遅いでしょうから。

慢性的に遅いという場合は回線設備が利用者の数に追い付いていないので、いつまで待っても改善は見込めません。

ワイモバイルポケットWi-Fiは「ソフトバンク回線」を利用していますのでその心配は必要ないかもしれませんが、この記事をご覧になられている方で、大手(docomo、au、Softbank)の回線ではないモバイルWi-Fiを利用されている方は、注意が必要でしょう。

もし慢性的な速度低下が生じているのであれば、

残念ですが、乗り換えるしかないでしょうね。

解決策⇨

  • 一時的な速度低下の場合:基地局内でパケット詰まりが起こっている可能性があるので、回復を「待つ」
  • 慢性的な速度低下の場合:乗り換える

乗り換えると言っても、解約違約金などが生じる可能性があるので簡単にはいかないかもしれませんが、乗り換え先として参考となる情報をお伝えいたしますと、、、

どうぞこの記事をご覧ください。

WiMAX2+比較2018!正しい選び方はコレ!

この記事では主にWiMAXが取り上げられていますが、もしあなたのお住まいがWiMAXのエリア内であれば、WiMAXの利用は超オススメです。

エリア判定ページURL ⇨ http://www.uqwimax.jp/area/

乗り換えの場合、解約違約金の肩代わりをサービスしているプロバイダもあります。

遅くなる原因⑷通信量オーバーにより、速度制限を受けている

ワイモバイルpocketWi-Fiを利用するにあたり気になるのが、

通信容量です。

選ぶ機種によって

  • 5GB/月で500MBを500円で追加していけるプラン
  • 7GB/月で500MBを500円で追加していけるプラン
  • 上限なし/月で短期制限有りのアドバンスオプション

という感じで設定されています。

使用者によっては、5GBや7GBはけっこうすぐ消費してしまうかもしれません。

ですから、月々の通信量のプランが5GBとか7GBで契約されている方は、この通信量を超えてしまって速度制限がかかっている可能性があります。

出典:Y!mobile

速度はすんごく制限されて128kbpsにまで落ちます。

もはや何もできません。((+_+))

またはアドバンスオプションを選択しているという方であれば、3日間で10GBの容量を超えてしまって、軽度の短期容量速度制限を受けているのかもしれません。

出典:Y!mobile

速度は1Mbps程度は出るので、YouTube視聴程度は何とかなる速度です。

この短期容量速度制限にかかっているのであれば18:00から26:00までの間だけですので、その時間を過ぎれば制限は解除されるはずです。

解決策⇨アドバンスオプションを利用できるプランに変更する

気を付けるべきは単にスピードじゃない!

しかしそもそも、

速度制限にかかるということは、あなたにとってその5GBとか7GBという通信量のプランでは間に合わないということです。

快適にWi-Fiを利用するカギはその機種や回線のスピードそのものよりも

通信容量です。

通信量を気にしなくてもよいように、アドバンスオプションを利用できるプランに変更する必要があるでしょう。

しかし、契約された機種によってはアドバンスオプションを選択できない場合もあるようです。

速度の速いポケットWi-Fiを使う方法

その場合は、乗り換え時の解約違約金を肩代わりしてくれるプロバイダもあるWiMAXに乗り換えることをオススメいたします。

速度の速いポケットWi-Fiを使う方法⇨WiMAX(ワイマックス)に乗り換える

WiMAX(ワイマックス)って?

出典:UQWiMAX

WiMAXとは、UQコミュニケーションズ(株)が提供する無線方式の通信サービスのことです。

回線はKDDI系の回線を使用しています。

無線ですので、使い勝手等に関してはワイモバイルのpocketWi-Fと同じと考えることができます。

ワイモバイルpocketWi-Fはソフトバンクの回線ですので、WiMAXは使用する回線がまず違うと言えるでしょう。

回線が違いますので、お住まいの地域においてWiMAXの電波がわるければワイモバイル、ワイモバイルの電波が悪ければWiMAXという風に利用するWi-Fiを判断することができるかもしれません。

しかし、単純に回線が違うことにとどまらず、ワイモバイルではなくWiMAXを利用することにはさまざまな利点があります。

WiMAX(ワイマックス)のメリットとデメリット

WiMAXをワイモバイルのポケットWi-Fiと比べながら、WiMAXのメリットとデメリットについて取り上げたいと思います。

WiMAX(ワイマックス)はメリットだらけ

まず、WiMAXとポケットWi-Fiのいくつかの違いを表でご確認ください。

同じようなサービスもあるのですが、多くの点でWiMAXがpocketWi-Fを上回っていることがわかるかと思います。

一つずつ見ていきますと、まず

スピードにおいてWiMAXが速いです。

そして次に、一見同じように見える短期速度制限ですが、「当日」にかかるか「翌日」にかかるかの違いがあります。

この違いは意外と大きいですよ。

何かの動画を観ている時に、仮に3日間10GBの容量を超えてしまったとしても、WiMAXであればその日は問題なく動画を観終えたり、ダウンロードを行うことができますが、ポケットWi-Fiだとその日の18:00がきたら容赦なく速度が低下します。

次がルーター(端末機器)の価格です。

なんとWiMAXだとプロバイダにもよりますがルーターは無料で入手できるのに対し、ワイモバイルのポケットWi-Fiは有料しかも代表機器を見ると4万円以上します。

「高い!」

ですよね。

そして月々の支払額ですが、WiMAXはおおむね4,000円未満ですが、pocketWi-Fは4,000円以上(ほぼ5,000円近い)です。

ですからWiMAXは全体的にポケットWi-Fiを上回っていますので、もしポケットWi-Fiで繋がりが悪いとか、料金の割に使い勝手がよくないとお感じなのであればこの機会にWiMAXを検討するのは賢明なことかと思います。

WiMAX(ワイマックス)のデメリット

WiMAXのデメリットは一つです。

その通信範囲です。

使用している回線の特徴でもあるのですが、ものすごく速い通信速度ではあるものの建物の奥や地下などには弱いという弱点があります。

しかし、これらもアンテナを増やす取り組みなどによって徐々に解決されていっています。

実際、繋がる地下鉄構内も増えてきています。

ワイモバイルpocketWi-Fと比べてのデメリットといえばこれぐらいなので、WiMAXを使用できないエリアで生活しているなら次の候補としてワイモバイルpocketWi-F使用する、という優先順位が良いかと思います。

WiMAX(ワイマックス)最新最速機種を無料で手に入れる方法

では、WiMAXを実際に契約したいという方のために、その方法を取り上げておきたいと思います。

新規なら⇨カシモWiMAX

今は何も契約していないという方は、そのまま新規でWiMAXを契約できる立場にありますので、WiMAXを1番お得に契約できる「カシモWiMAXでの契約をオススメいたします。

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXがどのようなプロバイダで、なぜ一番お得だと言えるのか詳しくお知りになりたい方はぜひ次の記事をご覧ください。

カシモWiMAX(ワイマックス)が安いと評判!お得かどうか比較

「カシモWiMAX」は私の一押しです!

カシモWiMAX

カシモWiMAX

 

しかし、もしあなたが今現在なんらかのモバイルWi-Fiを契約されているものの、WiMAXに乗り換えたいと感じておられる状況であれば、以下の方法がおススメです。

乗り換えるなら⇨ブロードワイマックス

お乗り換え時に発生する解約違約金を肩代わりしてくれるプロバイダ、それがBroadWiMAX(ブロードワイマックス)です。

出典:BroadWiMAX

もちろん、ただ違約金を負担することだけが利点のプロバイダではありません。

最新端末無料や初期費用無料キャンペーンなどいろいろなサービスがありますので、以下の記事でブロードワイマックスのメリットについてご覧いただればと思います。

WiMAX2+比較2018!正しい選び方はコレ!

 

ブロードワイマックス

BroadWiMAX

解約規約金がネックになっているのであれば、このプロバイダを利用して負担少なくWiMAXをご利用ください。

最後にもう一度、

WiMAXはワイモバイルpocketWi-Fよりもより快適に、また経済的にネットを使うことができる回線サービスと言えるでしょう。

まとめ

ワイモバイルは決して遅い回線でもありせんし、悪いサービスではありません。

しかし、トータルで見るとき、今のところWiMAX(ワイマックス)に軍配が上がります。

ワイモバイルpocketWi-FiがWiMAXに勝っているのは「エリア」です。

ですから、WiMAX(ワイマックス)を使用できないエリアに住んでいる場合にワイモバイルのpocketWi-Fiを選択する!というのがベストな流れと言えそうです。

この記事を最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

関連記事

  1. 比較

    ドコモユーザーに朗報!ドコモ光にするとスマホ料金が大幅割引でお得!

    auやSoftbankと合わせて三大キャリアがスマホユーザーを牛耳って…

  2. 比較

    【2018年】ワイモバイルPocketWi-FiとWiMAX2+比較!エリア・電波・月額は?

    「ポケットWi-Fi」というと何を真っ先に思い浮かべるでしょう…

  3. 比較

    実質タダ!auスマホユーザーはauひかりの光回線で超お得契約を!

    スマホはスマホ、自宅のネットは自宅のネットこれはこれ、それはそ…

  4. 比較

    引越しで一人暮らし!インターネットのつなぎ方は?ポケットWi-Fiはアリ?

    進学や就職などいろいろな理由で「一人暮らし」を始めることがありますが、…

  5. 比較

    WiMAX2+比較2018!正しい選び方はコレ!

    比較と言われても...そもそもWiMAX2+について詳しく知ら…

  6. 比較

    引越し先のネット回線はどうすればいい?光回線?それともWiMAX?

    引越しが決まるといろいろと忙しくなるもの。そんな中で悩みの一つ…

NEXT mobile

日本ブログ村

  1. 比較

    WiMAX2+比較2018!正しい選び方はコレ!
  2. 速くする

    ポケットWi-Fi(ワイファイ)が遅い!繋がらない!その原因と解決策
PAGE TOP