比較!賢いネットの選び方

比較でわかる自宅WiFiおすすめはコスパ最強の置き型WiMAX

自宅でのネットは正直簡単なものでいい。
オンラインゲームするわけでもないし、YouTubeをちょこちょこ見るぐらいだから、わざわざ回線引くのも大変だけど、かといってスマホのプランだけだと…
ポケけん
ポケけん
そうオソ。ライトユーザーはネットのチョイスが難しいオソ。

心配いりません。

今どきネットをする時には必ず固定回線を引かないといけないわけではありません。

今は工事不要ですぐに、快適にインターネットをサクサク行うことができる時代です(#^^#)

私は今現在WiMAXとワイモバイルの2台のインターネット回線を契約しているので、速さや使い勝手の違いとか契約の仕方の違いなども実際に経験しています。

結論から言いますと、ライトユーザーにとっての自宅置き型WiFiのベスト

WiMAX

です。

注意:実は「持ち運び可能なモバイルWiFi」を比べるとWiMAXよりもワイモバイルのPocketWi-Fiの方が優れていると私は実感しています。

コスパ最強の自宅WiFiは置き型WiMAX

WiMAX(ワイマックス)は固定回線ではなく、移動型インターネットです。

ですから自宅でインターネット回線を開通するために工事をする必要がありません。

これだけでも自宅でインターネットを楽しむためのハードルがグンと下がりますね。

引越しをするとしても、引越し先の家で

「ここでインターネットするか」

ポンッ!

と置くだけ。

ポケけん
ポケけん
え?それだけオソか?

それだけです。

撤去費用も

新居での工事費用も

時に何か月もかかる工事待ち期間も

NTTなどの会社とのやり取りも

工事のために施工者が家に上がり込むことも

家の柱や壁にコードが配線されることも

ありません!

前の家からコンセントを抜いて、新居に持っていって

ポンッ!(置いて)

カチッ!(コンセントに差す)

で終了です。

スゴイ楽( *´艸`)

その置き型Wi-Fiの中でも最強なのが…

自宅WiFi最新置き型WiMAX「HOME L02」登場

L02

出典:ブロードWiMAX

それは「WiMAX HOME L02」です。

置き型Wi-Fiルーターはいくつかありますが、

コスパ最強を求めるのであればこの最新型WiMAX置き型ルーター「WiMAX HOME 02」です。

⇨サイトを見てみる

置き型インターネットWi-Fiの中でもWiMAXは常に優秀でした。

その最新版が2019年1月に登場したのですが、その機能が素晴らしいのです!

比較をすると分かりやすいです。

WiMAXの良さがよくわかる比較

まず固定回線との比較ですが、これは主に上項で挙げた

工事不要

という点が全く違うものですね。

工事不要であるゆえのメリットも上項で挙げました。

次に気になる比較が同じ「置き型Wi-Fi」との比較です。

ソフトバンクエアーと比較

ソフトバンクエアー

出典:Softbank

置き型Wi-Fiルーターの代表格の一つに「ソフトバンクエアー」というものがあります。

宣伝も良くされていますのでご存知だと思います。

この「ソフトバンクエアー」も取り外し簡単ですので、お手軽感は「WiMAX HOME L02 」と一緒です。

しかし、「コスパ」という観点で考えたときには「WiMAX HOME L02」の圧勝です。

実はSoftbankの「PocketWi-Fi(ポケットWiFi)」はWiMAXよりもいろいろな面で優秀です。私は両方契約して使用しているので断言できます。モバイルWi-Fi同士では、WiMAXよりもPocketWi-Fiの方が優れています。

縛りなしアイキャッチ
【縛りなしWiFi】メリットはコレ!こんな人に超おすすめです 今現在世の中にはいくつかの「○○年縛りなし」の光回線やモバイルWiFiが登場していますが、「縛りなしWiFi」も...

しかしなぜか、以下で取り上げますが自宅置き型WiFiとなるとWiMAXが圧勝してしまいます。わからないものですね。

正直、こんなに差があるとは思っていませんでした。

そう言える理由を以下で比較して確認してみましょう。

対応エリア

これは実際に対応エリアの図を見ていただくことができます。

ソフトバンクエアーエリア

出典:Softbank

WiMAXエリア

出典:UQWiMAX

これだけの差が東京近郊でもあるわけです。

さらにソフトバンクエアーの場合、対応エリアであっても申し込んだら、「エリア外」という判断になったということもあります。

基地局などの問題がまだ解決していないようです。

家の中での電波が届く範囲・通信速度

 通信速度はどうでしょう?

ソフトバンクエアー:最大通信速度(下り)261Mbps

WiMAX HOME 01:最大通信速度(下り)440Mbps

WiMAXの方がはるかに速いですね。

これはもちろん理想値ですが、実測もやはり差が出てしまいます。

あと、けっこう重要なのがそのスピードを自宅のあらゆる場所で利用できるかどうか、という点です。

WiMAX HOME 01には「ビームフォーミング」という機能が搭載されています。

L02 ビームフォーミング

出典:ブロードWiMAX

この機能は360度広範囲に電波を発信するのではなく、パソコンやスマホなどの受信端末めがけて電波を発信する方法で、電波が弱い場所での受信速度をアップする機能です。

ですから、大きな家だとしても1台でまかなうことができます。

あと、この最新型WiMAXにはさらに、「WiMAXハイパワー」という機能が追加されました。

この機能は外から受信する電波をしっかりとつかむ力をアップさせます。

ですから、「窓際に置いてやっと電波が受信できる」という問題を解消します(>_<)

本当に快適に使えるための機能がしっかり詰め込まれているのです。

通信速度制限のかかり方

通信容量制限に関しては

ソフトバンクエアーもWiMAXも月間容量制限は設けていません。

月額料金

ソフトバンクエアー

  • 月額基本料金:4,880円
  • ルーターレンタル料:490円
  • 計:5,370円

WiMAX(例:ブロードWiMAX)

  • 月額基本料金:初月2,726円の日割り、1-2ヶ月目2,726円、3-24ヶ月目3,411円、25か月目以降4,011円
  • ルーターレンタル料金:0円
  • 計:最高4,011円

たった一ヶ月で最大2,000円以上も差がでます(;O;)

しかもどの月を比べてもWiMAXの方が安いです。

ソフトバンクエアー高し!

契約期間

これがクセモノです。

契約期間は2年、となってはいます。

3年契約のプロバイダが増えてきている中にあって、なかなかいいんじゃない?と一瞬思います。

しかし、それは機器をレンタルした場合です。(もちろんレンタル代金がかかります)

レンタルではなく、機器を購入するとどうなるでしょうか。

58,320円の機器を購入することを選びますと、36ヶ月の分割払いで計算されます。

月々1,620円です。

同時に月々割で1,620円の割引を受けられるので、実質無料でルーターを使うことができます。

しかし、「36回」の分割です。

「3年」です。

契約期間は2年なのに、支払いは3年続きます。

ということは、支払いを終えるころには、自動契約更新をしていて、あと1年の契約期間がある状態ということです。

巧妙に4年縛りになっています”(-“”-)”

もし2年契約で終わりたい!ということになれば、あと残りの端末代金は支払わなければいけません。

どちらを選びますか?

機器レンタルを選ぶと毎月490円プラス。。。

機器購入を選ぶと実質4年縛り。。。

WiMAXにはそんな実質4年縛りなんてありません。

念のためブロードWiMAXと他のプロバイダとも比較

WiMAXを扱っているプロバイダはブロードWiMAXの他にもあります。

大手を挙げるとしますと例えば、本家の「UQWiMAX」、「GMOとくとくBB」、「@nifty」、「BIGLOBE」などなどです。

この中でも「ブロードWiMAX」がダントツにおすすめです。

ブロードWiMAXも今やWiMAXプロバイダ大手の会社ですので、安心ですし。

ちょっと比較してみましょう。

3年総支払額グラフ

これは2019年現在のデータです。WiMAXの「ギガ放題」プランで比較しています。

本家のUQWiMAXが一番高いことがわかるかと思います。

会社が変わってもWiMAXの品質は変わらないことを考えるとしっかり選びたいものです。

表をご覧になってお気づきかと思いますが、実は総支払額の金額だけを見ると「GMOとくとくBB」が一番安いです。

ではなぜ「ブロードWiMAX」が一押しとなっているのか?

ブロードWiMAXは解約違約金が無料になるサービスを展開しています。

条件はありますが、万が一契約中に電波の繋がりが悪くなったとか、引越ししなければいけなくなったけど引越し先が電波入らないなどなど、予期していないことが生じたときに、ほかのネットを契約しないといけないけど、繋がらないWiMAXも契約期間が残ってる(T_T)

という場合、解約違約金なしで他のネットを使えるというのは相当なメリットです!!!

3年以内に解約しなければ解約違約金の心配はしなくても良いのですが、万が一を考えたときに1年あたり2,000円高くても解約違約金が無料で済むブロードWiMAXをリスク回避という要素も含めて

最安!

としておすすめしたいと感じています。

わたしもGMOとくとくBBを契約していたことがあるのですが、この違約金に泣かされました(T_T)

解約すること前提の契約というわけではありませんが、いざ解約しなければならない時のことを考えるとこの差は重要かと思います。

それで、総支払額の安さと解約時のリスクを最大限に抑えた「ブロードWiMAX」がダントツの一押し!となります。

ブロードWiMAX公式ページ

やっぱりWiMAX「HOME L02」が最強!

WiMAX「HOME 02」は

  • 工事不要
  • エリアが広い
  • 通信速度が速く、家中に届く
  • 月額料金が安い
  • 通信容量が大きい
  • 契約期間が長くても3年(2年のところもあります)

などなどの理由から

固定回線と比較しても、

同じ置き型Wi-Fiのソフトバンクエアーと比較しても

コスパ最強のインターネットWi-Fiだと言えます!

WiMAX HOME 02を見てみる

モバイルWi-Fiルーターを契約するときに大切なこと

上記までは自宅据え置き型のWiFiルーターを取り上げてきましたが、もしあなたがこれから出先でも簡単に使えるモバイルWi-Fiルーターを新規で契約する場合や、乗り換えを検討される時には、

  • ①平均月額
  • ②通信容量
  • ③通信速度

の3つをしっかり確かめてくださいね。

①は誰もがきちんと比較検討する項目ですが、意外と①の価格だけを考えてしまいがちです。

しかしもし②の通信容量が少なかったりすると、

×追加料金発生!

×速度制限発生!

などの負担がやってきますし、

③の通信速度が遅いと人生で最も大切な「時間」が奪われます。

例えば「1日15分」の待ち時間でも

⇨1ヶ月=7.5時間

⇨1年=90時間(T_T)

という知らないうちに残念な結果になります。

ということで、モバイルWi-Fiを検討なさる際にはこの

  • ①平均月額
  • ②通信容量
  • ③通信速度

の3つを確認することを忘れないようにしてくださいね。

この3つを満たすものとして、わたしの一押しは

縛りなしWiFi」ですね。

コスパ最強置き型Wi-Fi まとめ

まとめ

YouTubeが見たいだけ!

とか、

引越しもあるし、気軽に契約したい!

というライトユーザーにとって、このWiMAX HOME L02はもってこいのネット環境です。

ただ本記事の情報はあくまでも、自宅置き型のWiFiがいいという方への参考情報です。

私のおすすめは持ち運び可能なモバイルWiFiであり、今現在ダントツでおすすめできるモバイルWiFiは「縛りなしWiFi」です。

「縛りなしWiFi」についてお知りになりたい方は以下の記事をどうぞご覧ください。

縛りなしアイキャッチ
【縛りなしWiFi】メリットはコレ!こんな人に超おすすめです 今現在世の中にはいくつかの「○○年縛りなし」の光回線やモバイルWiFiが登場していますが、「縛りなしWiFi」も...

本記事も最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。