5G×生活

WiMAX2+(ワイマックス)は田舎や地方でも使える?わたしの所は?

connect

WiMAXはモバイルWi-Fiとして優秀です!

しかし、繋がりにくい場所が多かったのも事実。

ですので、お住まいの場所によっては、

ああ…わたしの住む田舎ではネットが弱い…きっとWiMAXも繋がらないんだろうな…

と絶望していまっているかもしれません。

しばけん
しばけん
可哀想だオソ…

もちろん山奥に住んでおられるのであれば、状況は厳しいかもしれませんがすぐに絶望する必要はありません。

田舎や地方に一時的に住まわれる方も、長期間滞在される方もどうぞこの記事をご覧ください。

*私の個人的な感想ですが、ポケットWi-Fiよりも自宅に光回線を引く方が良いと思います。

いくつものポケットWi-Fiを経験してきてやっぱり思うのが光回線にはかなわない、という点です。外出先でのネットを必要最小限にしてメインの通信は自宅で行う形が理想です。その方がネット利用心地的にも経済的にも快適です。

すごく安くて簡単に契約も解約も可能な(私も契約した)光回線の記事は参考になると思います。

違約金なしの光回線
5G時代に損をしない光回線3選【いつでも無料で解約可能】いよいよ5G時代が到来した現在、絶対に損をしない光回線の選び方は「解約違約金なしでいつでも無料でやめられる」サービスを選ぶことです。本記事ではお得に契約できる光回線サービス3社をランキング形式で紹介しています。...

WiMAX2+(ワイマックス)は基本田舎でも使えます!

まず、あなたのお住まいがどんなに田舎であっても、

今現在(2020年)、WiMAX回線は繋がる可能性がです。

WiMAXは日々急速にエリア拡大を続けていますので、少し前に繋がらなかった場所でも現在は繋がっている可能性があるのです。

同じように、もし現在繋がっていなくても少し先には繋がっているということも十分あり得ます。

しばけん
しばけん
可能性を信じるオソ。

ですので現在また将来田舎での生活があるとしても絶望する必要はありません。

WiMAX2+利用者の実際の声

ツイッターを見てみると地方においてもWiMAXのエリア拡大は進んでいるということが伝わってくるコメントが見られます。

実測2Mくらいしか出てない自宅ADSLに限界を感じたのでWiMAXお試しレンタルしてみたが、こんなに早いのか栃木の田舎なのに。もはや固定回線は要らない時代なのかも。

\ばくーシャ/ (@bakupc4)さんのツイート

田舎だとWiMAXの速度が安定してて助かる。コアタイムとかあんま関係無い。最高速度は都市部と比べるべくも無いけど、実用上はこっちのが有利

XHRIST社長 (@XHRIST009)

以上の意見からもわかるように現在は「田舎だからWiMAXは繋がらない」ということはないんですね。

しかしWiMAX2+(ワイマックス)ピンポイントエリア判定は必須

とはいっても、「とにもかくにも」契約前のエリア確認が必要です。

自分の住んでいるところ(住む予定のところ)は

繋がるのかどうか

の確認です。

田舎と言ってもいろいろありますし、実際あなたが思うよりもあなたの住む場所は田舎ではないかもしれませんよ。

…という特に電波と関係ない励ましは置いといて…

しばけん
しばけん
チェック、チェックオソ!

WiMAXエリア判定ページ

↑このボタンでエリア確認ができますのでお時間のある方はぜひご確認ください。

エリア判定ページ

出典:UQWiMAX

ページを開きますとこんな案内になっていまして、

「サービスエリアを確認する項目」「自宅の住所などを入れてピンポイントでエリア内かどうかを判別する項目」があります。

例えば、サービスエリアを確認すると、

サービスエリア

出典:UQWiMAX

こんな感じで表示されます。田舎の方を選んでみた(沖縄です)のですが、けっこうカバーされていますね。

そして今度は住所を入れてピンポイントでの判定を行ってみますと、

ピンポイント判定

出典:UQWiMAX

こんな感じで表示されます。

〇、△、×で表示されるのですが、上記の場所では見事「〇」判定です。

このように田舎や地方でも、現在はけっこうエリア内になっています。

WiMAX2+エリア判定「〇」なら基本大丈夫です!

もしあなたがご自分の必要な場所をエリア判定されて、

結果、「〇」判定であれば基本問題ありません。

ちなみに私の住所を打ち込んで判定してみましたが結果は

「〇~△」判定でした(;^ω^)

こんな表示もあるんですね。

しか~し!

私の自宅は実際には何の支障もありません。

ビュンビュン快適にWiMAXを利用できています(#^^#)

しばけん
しばけん
〇~△でも試してみるのは大事オソ。

ですので、「〇」判定であれば基本問題なしと考えられるでしょう。

この機会にWiMAXの契約を考慮されるのであれば、「年契約の縛りのない」WiMAX、つまり「いつでも簡単にやめられる」WiMAXについて取り上げたポケットWiFi比較記事はきっとお役に立てると思います。

ランキング
5G時代のポケットWiFiは解約金なしが常識!厳選6社の比較ランキング今やポケットWi-Fiを契約するなら「年縛りなし」が必須!です。その中でも厳選したポケットWi-Fiを6社「根拠付き」でランキングしています。私も契約しているものですので、絶対に参考になるでしょう。...

WiMAX2+エリア判定が「△」だった場合

もちろん「×」判定だった場合は繋がらないので別の方法を考える(記事後半で取り上げています)必要がありますが、問題は「△」判定だった場合でしょう。

おそらく繋がると思いますが、同じ敷地内でも繋がりにくい場所があったり電波が弱かったりする可能性はあります。

その可能性がある限り、契約に踏み切るには躊躇してしまいますね。

しばけん
しばけん
うん、躊躇するオソ。

誰でもそうです。

その場合の一つの方法として、いざという時に「初期契約解除制度」を利用することができます。

初期契約解除

出典:BroadWiMAX

この「初期契約解除制度」というのはいわゆる「クーリングオフ」です。

通常、自分から申し込む契約は「クーリングオフ」制度の対象外ですが、この通信関係の契約に関しては特別に存在します。

この通信契約は様々なプランや契約形態があり、通常の売買契約よりも利用に関して理解や把握が難しいので、自分から申し込むタイプではありますが、無条件で取り消すことができるようになっているのです。

もし「△」判定だった場合、いったん契約して実際の機器が届いたあと電波の具合や使用感を試しつつ、もし日常の使用に耐えられそうもないと感じたら「無条件で」キャンセルする、という方法です。

キャンセル流れ

出典:BroadWiMAX

↑上記はキャンセルの流れの一例です。すべてのWiMAX取り扱い会社が同じ流れとは限りません。もちろんすべての会社で「初期契約解除制度」は利用できます。

ただし注意が必要なのが、「8日以内」にキャンセルしなければいけない、という点です。

しばけん
しばけん
ちょっと注意オソ。

ですから、ゆっくり試すというわけにはいかないでしょう。

繋がるかどうか数日確認するという程度ですね。

自宅付近で利用が難しいことが分かったならすばやく返しましょう!

心配なら「TryWiMAX」を申し込んで15日間で使い心地を検証

tryWiMAX

出典:UQWiMAX

8日間という短い期間や、いったん契約するということがちょっと勇気がいるという方は

「TryWiMAX」

方法を試すこともできます。

このサービスを利用しますと、「15日間」「無料」でWiMAXの繋がり具合や使い心地を試すことができます。

しばけん
しばけん
これもいい方法だオソ。

TryWiMAXのサイトを見る

ただで、リスクなしでWiMAXが自宅で使えるのかどうかを試すことができるので、積極的にTryしてみるのも良いでしょう(#^^#)

嗚呼!わたしの田舎はWiMAX2+エリアが「×」判定…そんな時の対処法はコレ!

残念ながらWiMAX2+のエリア判定が「×」になってしまった方もいらっしゃることでしょう。

もしかしたら

もう契約しちゃってるけど(T_T)

という方も。

WiMAX2+契約後、急遽地方や田舎への引越しが生じたのかもしれません。

そういう方はどうすればよいか…

4GLTE(ハイスピードプラスエリア)モードを利用する

エリア

出典:au

1つの方法としましては、

「4GLTE(ハイスピードプラスエリア)モード」を利用するというものがあります。

これはWiMAXルーターでWiMAX回線ではなくau4GLTE回線を利用するという方法です。

手元のルーターで簡単に切り替えられます。

回線を変えるので繋がる可能性がグッと上がります。(これがメリット)

スピードはWiMAX2+よりもちょっと落ちますが、それは気にしている場合ではありませんし、実際気にならない程度の差でしょう。

しかし!

正直これは短期間の応急手段であり、私自身はあまりおすすめできる方法ではありません。

しばけん
しばけん
なんでだオソ?

なぜかといいますと、この方法はデメリットがかなり大きいからです。

4GLTEを利用すると失うものがあります。(デメリット)

  • 月額1,005円(三年契約プランであれば無料)
  • 月間通信容量無制限(月間7GBで速度制限がかかるようになる)

これらを失います。

しばけん
しばけん
いやだオソ。

これは大きなリスクではないでしょうか?

WiMAXを契約する最大のメリットともいえる「月間通信容量無制限」がなくなるのです。

そしてたった7GBしか使えなくなります。

しばけん
しばけん
それもいやだオソ。

それを超えるともはや使用不能と同じ程度の低速通信が待っています。

しばけん
しばけん
ちょーいやだオソ。

1,005円のお金を追加したのに、です。

しかもその月にちょっとでもLTE回線モードを利用したら、あとはWiMAX回線を使用していたとしても7GBを超えると制限がかけられてしまいます。

ですから、「どうしても!」必要な場合のみの応急手段であり、長期間とるべき手段ではないでしょう。

長期間田舎暮らしであれば、ハッピーWi-Fiのレンタルの方が賢い選択

もしあなたが、しばらくそのWiMAX回線がまだ届いていない地域にとどまるのであれば、ただWiMAX回線エリアに入るのを待つだけではなく、違う回線を選択していみるのも一つの方法です。

「ハッピーWi-Fi

というレンタルモバイルWi-Fiがあります。

これはソフトバンク系のモバイル回線を利用しているWi-Fiルーターです。

ソフトバンクの電話がつながるところであれば利用できます。

あなたのお住まいの地域がソフトバンクで通話可能な場所であれば

問題ナシです。

しばけん
しばけん
それはスゴイオソ!

この「ハッピーWi-Fi」

ずっと「3,350円」

という金額設定です。

初期費用が別途かかります。

  • 契約料:2,980円

ですので、レンタルとはいっても数か月以上使う人にとってはよりお得ですね。

田舎でのWiMAX2+(ワイマックス)利用まとめ

結論ですが、

WiMAXは田舎でも使えるエリアが多いです。

しかし、完璧ではありませんので、エリア判定が必要です。

冒頭で触れましたように、WiMAXはモバイルWi-Fiとして優秀と言えます。

ですので、WiMAXが使えるに越したことはありません。

そして使える地域は日に日に拡大しています。

ですから、気になる方は今現在お住まいの地域でWiMAX2+が使えるかどうかを確認してみてください。

もし判定が「△」であったり、「×」であった場合、お試し制度を利用したり、ソフトバンク回線のモバイルWi-Fiである「ハッピーWi-Fi」を試すことができるかもしれません。

この記事も最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます。