ポケットWi-Fiの疑問・悩み

auとソフトバンクがテザリング有料化!これが賢い対処法

値上げ
許せん!

と、あなたも怒り爆発でしょうね。

ポケけん
ポケけん
テザリング有料、ホントに許せんオソ!

auとソフトバンクがテザリングの有料化を決定し、すでにauはテザリング有料をスタートしました。

【2018年7月追記】現在はすでにソフトバンクもテザリング有料です。加入から2年は無料としていますが、たいていの方は2年以上ご利用されているのではないでしょうか?いますぐチェックです!

もし2年以上Softbankを利用していて、かつテザリングは利用しないのであれば、この記事を参考にオプション解除の手続きをしてください!

もうこのニュースをお聞きになられたかもしれませんし、何らかの対策を考えておられるかもしれませんね。

実際多くのau・ソフトバンクユーザーが怒りの声を挙げています。

やはり一言で言うと

「許せん( Д)

という反応が多かったです。

当然の反応ですね。今まで無料だったのが、有料になるのですから。。。

では、ユーザーは泣き寝入りするしかないのでしょうか?通信会社にさらにお金を搾り取られるままなのでしょうか?

そんなことはありません!(‘ω’)

auユーザーのあなたに、そしてソフトバンクユーザーのあなたに、賢い対処法をまとめたこの記事を役立てていただけるなら嬉しいです。

auのテザリング有料化スタート!ソフトバンク・ドコモも!

値上げ

まず、auとソフトバンクそれぞれのテザリング料金や対象プランについてお伝えします。

テザリング料金と対象プラン

ご存知と思いますが、auはすでに有料となっています。

au

  • 月額料金 :500
  • 対応機種 :スマートフォン(4GLTE)・ケータイ(4GLTE)・タブレット・iPhoneiPhone4S除く)・iPad
  • 対象プラン:auピタットプラン・auフラットプラン20/30・データ定額20/30
  • 開始時期 :20184月(もう始まっています)

*データ定額1-13までの小容量のプランは対象外です。

そしてソフトバンクももう始まりますね(;O;)

【ソフトバンク】

  • 月額料金 :500
  • 対応機種 :iPhoneiPad・スマートフォン(4G)・タブレット・ケータイ
  • 対象プラン:家族データシェア50/100・データ定額20/30/50
  • 開始時期 :20186月(こちらももう始まっています)

*「データ定額ミニ」「データ定額5G」「データ定額s」など容量の小さいものは対象外。

今まで無料だったものが、月々500円ずつしぼり取られることになります。

1年だと6,000です。

ポケけん
ポケけん
1年だとかなり大きな金額オソ。

今までとなんにも変わらず、なんにも得しないのに、ただただ消えていく6,000(ToT)/~~~

ああ、6,000円。。。

そもそもなぜテザリングを有料かするのか?

テザリング有料化の理由

au・ソフトバンク(ドコモもいずれ有料化するでしょう)の有料化の理由は主に、

「テザリングはスマートフォン単体で使用した場合と比べて、ネットワーク設備への負荷が高く、お客様への影響が大きくなることを懸念」しての措置

とのことです。

しかし、この理由は建前で単なる利益の底上げだという見方もあります。

さらに、この有料化は自動的に対応機種を使っている人すべてに適用されるので、この有料化に気づかない人も(例えテザリングを日常的に使わない人でさえ)料金を支払うことになるという問題もあります。

ポケけん
ポケけん
怖いオソ!相当搾取されているオソ!

つまり身を守るためには、、、

テザリング料金を取られたくないならオプション解約が必要

解約

テザリングしたい人が改めてテザリングオプションを申し込むのではなく、テザリングしたくない人がオプション解約をする必要があるということです。

上記はツイッターでの一言ですが、いつの間にか毎月500円ずつ無駄にかかっている、ということはあり得ますね。

auテザリング解約の手順

ソフトバンクテザリング解約

自動有料化

こういう移行の仕方をするので、余計にキャリア批判をする人が増えますよね。

でも泣き寝入りする必要は全くありません!

スマホの料金見直しとWiMAX2+導入で問題を一気に解決!

OK

「今までテザリングが無料で使えたからこそ、スマホの通信量プランを少し無理してでも大きめのものにしたきたのに!」

という方も少なからずいるでしょう。

あなたもそうではありませんか?

でも、テザリングが有料化した今ちょっと立ち止まって、お得な方法を探してみるのは賢明です。

損な方法あるんでしょうか?

あるんです!(>_<)

あえてスマホと別にWi-Fi端末を持つという方法です。

実はかなりお得( *´艸`)ですよ!

ネットはWiMAX2+にお任せ!1日中繋ぎっぱなしOK!

UQWiMAX

出典:UQWiMAX

持ち運び可能なモバイルWi-FiWiMAX2+」をご存知でしょうか?

よく「ポケットWi-Fi」という表現で持ち運びできるWi-Fi端末についてお聞きになったことがあると思います。

WiMAX2+

あの青ざめたガチャピンとムックの「だぞっ!」っていうCMでおなじみのUQWiMAXの提供しているモバイルネット回線です。

でも、間違ってもUQWiMAXWiMAXを契約してはいけませんよ!(もっと良い契約方法があります)

WiMAX2+の特徴は「速くて」「無制限」に使えるというものです。

なので、今まではスマホの通信容量の範囲内で気を使いながらネットを利用していたと思いますが、WiMAX2+であれば1日中繋ぎっぱなしでネットを遠慮なく利用できます。

ポケけん
ポケけん
それはホントに嬉しいオソ。

どれだけ「使える」Wi-Fiなのか?を以下の記事でワイモバイルのポケットWi-Fiと比べて取り上げていますので、よろしければどうぞご覧になってみてください。

【2018年】ワイモバイルPocketWi-FiとWiMAX2+比較!エリア・電波・月額は?

外出先メインで使うならモバイルタイプWiMAX2+

機種w05

出典:UQWiMAX

あなたが今まで外出中にテザリングすることが多かったのであれば、持ち運び可能なWiMAX2+SpeedWi-FiNEXTW05」をおすすめします。

今現在、これより速いWiMAXルーターはありません。

2019年1月、史上最速1.2Gbpsの高速通信可能なWiMAX最新ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」がついに登場しました!

w06
最新WiMAX「SpeedWi-Fi NEXT W06」ルーターを無料入手!現在の最新ルーター「SpeedWi-Fi NEXT w05」がかなりのスグレモノなのでw06への期待大ですが、気になる発売日は......

「テザリングは自宅だけだった」という方は超優秀WiMAX2+ホームルーター

L02

出典:ブロードWiMAX

 

「実は外出中はあまりテザリングしてなくて、自宅でPCやタブレットを使う時にネットが必要だった」

という方も当然おられますね。

そのような方には自宅用の最新最速WiMAXルーター「SpeedWi-Fi HOME L02」がおすすめです。

持ち運び用ではありませんが、自宅固定回線のように回線工事が必要ありません。

「置くだけ( *´艸`)です。

しかし、超優秀ですよ。

このホームルーターは日経トレンディでも取り上げられていますしね。

スピードも速いですし、コンセントに差し込んんで電源を取る分、電波を強力にキャッチしますし、強力に飛ばせます!

ではこれらをどこでどのように契約できるのか、と言いますと

WiMAX2+を契約するなら「ブロードWiMAX」がベスト!

ブロードWiMAX最新

出典:ブロードWiMAX

ネットから簡単に申し込めます。

「ブロードWiMAXの魅力はいっぱいあります。

  • 最新機種が無料
  • 月間容量制限無し(ギガ放題プラン)*短期容量制限は有り
  • 月額料金が最安級
  • 初期費用無料キャンペーン実施中(web申し込み限定)
  • 他社からの乗り換え時、解約規約金を負担
  • 解約違約金が無料にできる

などなど、メリットがいっぱいです。

デメリットは3年契約しかない、という点でしょうか。しかし、他のプロバイダも最新端末は3年契約ですから、「ブロードWiMAX」のデメリットとは言えませんね。

WiMAXはどのプロバイダで契約しても、通信品質は全く同じです。

でも各プロバイダによってサービスや料金設定がかなり違います。

ですからよく選んでお得に契約してほしいと思います。

参考までにちょっと比較してみましょう。

WiMAXを扱っている比較的大手のプロバイダを挙げてみます。

3年総支払額グラフ

これらは2019年のデータです。そしてどれもプランを「ギガ放題」で比べています。

UQWiMAXは一番高いですね。

そして表を見る限りでは、「ブロードWiMAX」よりも「GMOとくとくBB」の方が安いことに気づかれるでしょう。

3年間で6,000円(1年あたり2,000円)ほど「GMOとくとくBB」の方が安いです。

しかし実は、「GMOとくとくBB」や他のプロバイダは

「解約違約金」が高いんです!

ブロードWiMAXは、ブロードWiMAXが紹介するプロバイダへの乗り換えであれば「解約違約金を無料にする」ことができます。

わたしはこれは本当に大きなメリットだと感じています。

3年間も契約すればその期間中に、自分の行動範囲が変化してWiMAX電波が悪くなっているとか、急な引越しが生じて引越し先でWiMAXが全く繋がらなくなった、という事態は十分起こり得ます。

そうなったとしても代わりのネット回線は必要になるでしょう。

ということは、

①新しいネットを契約しつつ

②繋がらなくなったモバイルWiFiの解約違約金を支払わなければいけない

という悲しい現実に直面します。

わたしは直面しました。実は私、GMOとくとくBBで契約していたこともあるのですが、この違約金に泣かされました(T_T)

3年という契約期間にはそういうことが十分あり得るのです。

もちろん解約することを前提として契約することはないかもしれませんが、いざ解約する事態が起こった時に2万円近くの違約金を払うか、無料か、この差は大きいです。

それで、

総支払額の安さと解約時のリスクを抑えた「ブロードWiMAX」をダントツで一押しさせていただきます!

ブロードWiMAX公式ページ


スマホの大容量プランは超高い!料金プランの見直しでコストダウンを

スマホ料金高い

出典:au

たとえば上はauの例ですが

そもそも、スマホの通信量って

「たっっっっかい!( ;😉

ですよね。

たった30GB8,500_||○

ポケけん
ポケけん
高すぎるオソ…

なので、インターネットはWiMAX2+に任せて、スマホの通信量プランは下げた方がほぼ変わらない出費で快適に使えるようになります。

あなたが今契約しているプランは月額いくらでしょうか?

例えば以下のように変更できるかもしれません。

au】の場合

  • プラン変更前:フラットプラン(スーパーカケホ)30GB8,500
  • プラン変更後:データ定額1GB4,900

3,600を浮かせることができます。

そのままWiMAX2+の料金になりますね(>_<)

【ソフトバンク】の場合

  • プラン変更前:50GB(ウルトラギガモンスター)  ⇨7,000
  • プラン変更後:スマ放題ライト+データ定額ミニ1GB4,900

こちらもかなり金額を落とすことが可能です。

ネットが無制限状態になればわざわざ電話をかけなくても、ライン通話で話せますので問題ナシです!

格安SIMを併用するとさらにコストダウン可能!

もういっそのことキャリアのプランを取っ払って、格安SIMで行くぞ!

という方はさらにコストを抑えることが可能です(#^^#)

おすすめはU-mobileです。

これで通話の基本料金を激安にすることが可能ですので、「格安SIM+WiMAX2+」の合わせ技で、

今までより通信費を浮かせて、通話もネットも快適状態!

を実現できます。

ポケけん
ポケけん
夢のようオソ。みんなに教えてあげたいオソ。

テザリング有料化をきっかけに快適ネットライフを手に入れてくださいな。

モバイルWi-Fiルーターを契約するときに大切なこと

あなたが、これからモバイルWi-Fiルーターを新規で契約する場合や、乗り換えを検討される時には、

  • ①平均月額
  • ②通信容量
  • ③通信速度

の3つをしっかり確かめてくださいね。

①は誰もがきちんと比較検討する項目ですが、意外と①の価格だけを考えてしまいがちです。

しかしもし②の通信容量が少なかったりすると、

×追加料金発生!

×速度制限発生!

などの負担がやってきますし、

③の通信速度が遅いと人生で最も大切な「時間」が奪われます。

例えば「1日15分」の待ち時間でも

⇨1ヶ月=7.5時間

⇨1年=90時間(T_T)

という知らないうちに残念な結果になります。

ということで、モバイルWi-Fiを検討なさる際にはこの

  • ①平均月額
  • ②通信容量
  • ③通信速度

の3つを確認することを忘れないようにしてくださいね。

この3つを満たすものとして、わたしの一押しは

ブロードWiMAXですね。

ブロードWiMAX公式サイト


まとめ

まとめ

この記事をご覧になるまでは

「テザリング有料化め~許せん( Д)

とご立腹だったかもしれませんが、現在の心境はいかがでしょうか?

なかなか良い道が拓けてきたのではないでしょうか?

特に、これまで普段から通信容量に悩まされてきた方にとってはプランを見直し、ネットを快適にする良い機会になったかと思います。

この記事をご覧になったあなたが

「テザリング有料化ありがとう( ^^) _~~

となっていることを願っています。

では、この記事も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。