縛りありスマホプラン

ソフトバンクの5Gの料金、サービス、エリアなどを徹底解説!

softbank-5g

各社5G回線の競争が激しい中、2019年3月以降、ドコモ、エーユー、ソフトバンク、楽天モバイル、が名乗りを上げて2019年5G争奪戦に参入してから2年が経とうとしている中、VRやARといったバーチャル配信などにチカラを入れている【ソフトバンクの5G提供の現状】について徹底解説いたします!

ちなみに…

もし、あなたが法人でテレワークで使うネットをお探しであれば次の記事をぜひご覧ください。

300GBが破格です。

doracoon
【法人は知らなきゃ損】DoRACOON(ドゥラクーン)という超お得Wi-FiがNTTブランドから登場!信頼のdocomoから法人専用のWi-Fi「DoRACOON(ドゥラクーン)」が登場しました。個人では契約できない超お得なサービス。今ならWEB非公開のスタートアップキャンペーンもご紹介。...

ソフトバンク5Gのプラン【メリハリ無制限】は本当に無制限?

2021年3月17日より新たに加わったソフトバンクの新料金プラン【メリハリ無制限】は、5G提供エリアが拡大する中、通信速度、通信量、安定性、共に最強と言えます。動画サクサク見れちゃいます!

しかし、どの携帯キャリアも同様に、大量の通信量(1日10GBなど)を一気に使った場合【通信制限】がかかってしまいます。

ドコモの場合、1日10GBの通信を3日連続して使うと、通信速度規制が入り、低速モードになってしまいます。

もちろん、ソフトバンクも同様ですが、現状は通信制限の規制はゆるいです。5G回線は4G回線に比べ、20倍の通信速度なので、「知らない間に10GBも使ってしまっていた!?」と後々に気付く方もいますね。

その為、メリハリ無制限プランは【完全無制限】では無いが、1日10GBを3日間連続して通信量を使わない限り、【無制限】であるとお考えください。

ソフトバンク5Gの提供エリア状況は?

5Gの提供エリアの検索画面は、日本全国を見渡せず、地域に焦点をあてて検索する形となっている為、全国に焦点を当てると、このような図になります。

ソフトバンク5G提供エリア

※切り貼りして作った画像の為、多少のズレはご了承ください。

という事で…見てお分かりの通り、赤い「点」がソフトバンク5Gの提供エリアです。

詳しくはこちらから提供エリアを検索してください。→ソフトバンク5g提供エリア

まだまだ5G提供エリアは全国的には程遠い事が一目瞭然です‥汗。

順次拡大中となります!頑張って頂きましょう!

ソフトバンク5Gの料金について

こちらの表が5Gのメリハリ無制限の料金となります。

ソフトバンク料金

※ソフトバンク公式ホームページより引用 (税抜価格)

割引について分かり易くお伝えします。

  • 新みんな家族割とは?
    家族で利用しているソフトバンクのスマホが3台あった時に適用されます。
  • おうち割 光セットとは?
    ご自宅のインターネット回線が【SoftBank光】を利用中の場合の割引額です。
  • 学割2021 特典(割引)とは?
    【SoftBank学割】の適用時、3GB以下で利用の場合、メリハリ無制限の料金から毎月3,580円割引(半年間)が適用されます。

全体的に、ソフトバンクの料金は、家族のスマホや、自宅のインターネット環境もソフトバンクでまとめると、料金がお安くなります!

メリハリ無制限の料金は、エーユーの使い放題MAX 5Gの料金と同等なので、現状としては5G利用の平均金額と言えるでしょう。

ソフトバンク5Gの提供サービスについて

ソフトバンクでは、5G回線用に作られた【5G LAB】と言われる【AR、VR、FR、ゲーム】のサービスが提供されています。初めてVRなどを利用される方は、ビックリする程の内容です!

アイドルが目の前のステージで踊っている!?

ゲームがとんでもない高画質で出来る!?

など、技術がギュッと詰まっている内容が体験できます!まずは公式ホームページで【5G LAB】を体験してみましょう!

話を戻して、

メリハリ無制限プランを契約すると、このような特典があります。

  • テザリング30GBが550円で提供可能
  • データシェア(iPadやタブレット)が1078円で利用可能

それぞれ分かり易く解説します

テザリング30GBの提供とは?

ご利用されるスマホを【ポケットWi-Fi化】する事が出来る機能を「テザリング」と呼びます。【メリハリ無制限プラン】で契約された際、データ通信量の30GB分を、インターネットに接続されていない端末やパソコンなどに分け与えて使えます!

かなり便利な機能なので、近くに居るご友人が制限のあるプランで利用中の場合、ぜひ「テザリング機能」をONにして、分け与えてあげましょう。

もしくは、パソコンを使いたいが、そもそもインターネット環境が近くにない場所でパソコンでインターネットを使いたい場合に「テザリング機能」が役に立ちます!

データシェアの提供とは?

【メリハリ無制限プラン】で契約した【スマホ】を【親回線】と考えて、

ソフトバンクで契約し購入をする【iPadやタブレット】を【子回線】と考えます。

【親回線】が【子回線】に分け与えて使える機能を【データシェア】と呼びます。

ちなみに、データシェア契約の場合、テザリングとは違って、【スマホ(親)】と【iPadやタブレット(子)】が近くに無くても、両方ともインターネットには常時接続されています。

その子回線である【ipadやタブレット】で30GBの通信が使えてしまう!という便利なプランです。

ソフトバンク5Gの今後の課題

間違いなく、提供エリアの拡大が今後の課題です。

5G提供エリアの図でも解説させて頂いたように、5Gの提供エリアは限定的な場所のみ利用可能となっています。

そして、エリア拡大に必要不可欠なのが、ソフトバンク利用ユーザー数の向上です。エリア拡大をする上で利用できる【帯域や周波数】を手に入れられるのに必要なのはソフトバンクが電波塔を増やすのに【どれだけの金額を提示できるか!】にかかっています。

これは大手携帯会社の課題そのものですが、ユーザー数の向上を行うべく、サービスや料金を増やし、更なる発展を期待しましょう!

2021年9月現在、5Gのネットサービスで優秀なのは、ドコモから新登場した「home 5G」です。

https://taixihuankafei.com/docomo-home5g/