イベント・お出かけ系

修学旅行を休むと欠席扱い?急遽休んでも返金はされるの?

博士君
博士君
「知識のお豆」へようこそ!博士君です、ハイ。この記事は修学旅行についてですが、修学旅行を休むとなると、いろいろと気になることがありますよね。休むと欠席扱いになるのか、返金はされるのか、など気になるところがありますね、ハイ。結論を言うとあなたの対処次第です。詳しくは記事をご覧くださいね、ハイ。

 

修学旅行を休む場合の心配な点についてのいきなりの結論ですが、

ほとんどの学校で、修学旅行期間の欠席には補習を用意していると思います。

補習を受ければ出席扱いになりますが、これを休んだ場合欠席としてあつかわれます。

 

そして、お金についても疑問をかかえる人は多くいます。

なるべくなら、行かない旅行の費用は戻ってきてほしいもの。

 

もしあなたが急遽修学旅行を休むことになった場合、お金はどうなるのでしょうか?

 

これについては、全額が返金される確率は低いと思われます。

 

例えばどんな旅行でも、食事の予約でも突然のキャンセルには支払いが生じることがほとんどです。

修学旅行も例外ではありません。

 

返金されるために重要なのは、「早めに欠席の相談をしておく」ということです!

 

修学旅行を欠席するには理由が必要。補習授業受けないといけないことも。

修学旅行

修学旅行は大きなイベントですが、絶対に参加しなければならないものではありません。

事情もさまざまあるでしょう。

 

ただ、これは旅行ではありますが、授業の一環でもあります。

普段、学校を休むのに理由が必要なように、修学旅行の欠席にも理由がなければなりません。

 

保護者の方の連絡も必須になってくるため、一度相談してみるのをおすすめします。

学校側も、こうして連絡がくれば承認してくれるはず。

理由があれば、欠席自体は難しいことではありません。

 

欠席の理由としては、「経済的な理由」「身体的(病気など)の理由」が一般的だと思います。

ただ、「身体的(病気など)の理由」の場合、診断書が必要になりますので注意してください。

 

そして、これまた忘れてはならないのが欠席期間の補習授業。

大体の学校が用意していると思われます。

 

補習授業に出席していれば、学校自体を欠席したことにはなりません。

学校にもよりますが、そこまで大変なものではないと思われます。

博士君
博士君
補習と聞くと気が重くなりがちですが、同級生がほぼ居ない学校はちょっと非日常で不思議な空間ですね~、ハイ。

あまり重たくない補習内容であることを祈っています…!

 

修学旅行は行きたくないなら行かないでもいいの?

修学旅行疑問

すでに少し触れていますが、修学旅行は強制的なものではありません。

 

本当に行きたくない場合、行かなくてもいいと思います。

負担は強制されるものではありません。

 

修学旅行の欠席には、やはりさまざまな意見があり、絶対に行くべきという意見もあります。

 

確かに、修学旅行はそのときにしか経験できないものですから、特別感があります。

絶対に行った方が良いという意見は、この特別感を重視しているのでしょう。

 

ただその特別感は、修学旅行を負担だと思う人からみれば、決して魅力的ではありません。

 

修学旅行の欠席の代替え案として、補習もあるわけですからね!

ぜひ利用していきましょう。

 

修学旅行を欠席すると返金されるの?

初めにも書きましたが、修学旅行費の返金を一番に考えるなら、早めの相談が重要です。

 

突然の欠席ですと、全額の返金は難しいでしょう。

いくらか前に学校側へ伝えておけば、全額返金される可能性が上がります。

博士君
博士君
ぜひ、早めに連絡しておきましょー、ハイ!

そして、突然の欠席でも何割かは返金されるというケースも。

いくらかは支払うことになりますが、返ってこないよりは断然ましだと思います!

 

一番不安なのが全額返金されない、というケースですね。

あまり無いようですが、やはり可能性はあります。

 

これについては、学校側で欠席報告の期間を設けているはず。

修学旅行の積み立てについて、事前に説明があったと思います。

 

慌てずに、確認してみましょう。

分からない場合は、学校に確認してみましょうね。

 

修学旅行を休むと欠席扱い?急遽休んでも返金はされるの? まとめ

修学旅行、実は欠席したことのある人は少なくありません。

大人になって、特に後悔していない人もたくさんいます。

博士君
博士君
実は僕も修学旅行行っていないんです、ハイ。

お金の関わることではありますが、あまり重たく考えず相談してみてください。

 

修学旅行の期間は、そのときにしか経験できないものです。

なるべく負担のないような思い出になるよう、参考になればうれしいです。