5G×生活

楽天モバイルの5Gデータ無制限はウソ!?騙されない為に読んで欲しい!

楽天モバイル5G

元々、大手の電波塔の一部を借りてサービス提供を行っていた格安simの部類にいた楽天モバイル。5Gの提供元である携帯大手3社の、docomo、au、SoftBank、に割って参入をしてきたのですが、現状の5G回線の実態は!?通信速度は?料金は?5Gのデータ無制限って本当!?など、疑問となる楽天モバイルを徹底解説いたします!

楽天モバイル、UN-Limit Ⅵ (5G)の料金について

「激安」といえるプラン【楽天UN-Limit Ⅵ】(5G)ですが、携帯大手3社の5G提供プランの料金7,238円/月に比べ、MAXで3,278円/月です!5G回線が、そんな安くて大丈夫なの!?と楽天モバイル社自体を心配される方も多くいますが、実はカラクリがあります。

次の提供エリアと、データ無制限について、で解説いたします。

楽天モバイル、5G(4G)の提供エリアと、データ無制限について

楽天モバイルの公式ページを見ると、大きく堂々とデータ通信は【どれだけ使っても無制限】という事が掛かれています。これを信じてお申込みをされる方がいらっしゃいますが、慌てないでください!

  • 楽天モバイルの自社回線である提供エリアのみ無制限である。
  • 無制限の提供エリアでもパートナー回線(格安sim回線)で利用となる場合がある。

上記2点について解説いたします。

楽天モバイルの提供エリア確認は→「 こちら 」

楽天モバイルの自社回線である提供エリアのみデータ無制限である事

まず初めに、5Gの提供エリアの確認をしましょう。

気付くと思われますが、【楽天回線 5G ミリ波エリア】と【楽天回線 5G sub6エリア】の2つのエリアが【5Gの提供エリア】となります。

かなり拡大しないと、5Gの提供エリアが分からない程の限定的な場所のみですが、エリア内で楽天の電波をキャッチできれば5G回線が利用出来ます。

さらに4G LTEのエリアを確認しましょう。

かなり広範囲にわたって【楽天回線 4G LTEエリア】が提供されている表示が出ますね。

「やったー!家の住所は5G(4G)エリアの中にあるぞー!」と喜んでいる方も多いと思いますが… 騙されないでください! 次の解説をお読みください!

無制限の提供エリアでもパートナー回線(格安sim回線)で利用となる場合がある

範囲の広い【楽天回線 4G LTEエリア】内の場所にお住まいの場合、データ無制限で利用可能なハズですが…なぜかパートナー回線、残り5GB(格安simエリア)の提供判定が出ている方が多いです。

楽天スクショ画像

こちらのは、「UN-LIMIT Ⅵの契約」をして、「楽天自社回線の4Gのエリア内」である際の画像です。図の通り、左下にある【パートナー回線】という表示がされている方は、【楽天回線4G LTEエリア】の提供エリアであっても、データ無制限ではなく、制限のある【5GBまでのデータ通信利用】となってしまいます。

私自身(筆者)も申込み手続きをされた楽天ショップの店員さんも、「楽天回線4G LTEエリア内なので、データ無制限で使えますね!」と話していたのですが…

まさかの判定です。

…残念で仕方ありませんが、電話でのお問合せか、楽天モバイルショップで相談をしましょう!

楽天UN-Limit Ⅵ の5Gプランは本当にデータ無制限?

【楽天の自社回線】を使った5G提供エリア内と、4G LTE提供エリア内にお住まいの方であれば、データ無制限で使えるとなっています。しかし、5G回線も4G回線も、電波が不安定である事から、大きな期待を持つ事は出来ません。

その為、契約をしてからデータ無制限で使えないエリアだとしても、月額料金がここまで安いのなら‥仕方がない。と納得してご契約を進めましょう!

万が一、データ無制限のエリアとしてご契約後、制限付きのデータ通信で利用となってしまった場合、2019年10月1日以降に楽天モバイルを申し込みされているのであれば、ご契約後の解約、及びMNP手続きをしても、解除料金やMNP予約番号発行料金などは発生しない為、安定性のある携帯大手3社に切り替える事も想定してご契約をオススメします。

楽天モバイル、5Gで行える提供サービスについて

楽天モバイルの5Gで行える楽天提供サービスは、特別にありません。通信サービスのみ提供となっています。090などの電話代金無料の「楽天LINK」というアプリで通話料無料のサービスは、4G回線、パートナー回線でも可能です。5G回線を使った自社サービスという内容はありません。あくまでも【電話の提供】【インターネット通信の提供】のみとなっています。

また、5G回線エリアで、楽天自社回線の電波が入る場所にお住まいの場合は、快適なスマホライフが送れるでしょう。

楽天モバイル、UN-Limit Ⅵ のメリット、デメリット

上記を解説しましたが、メリット、デメリットをまとめて解説いたします。

メリット

  • 月額料金が安い!
  • 090などの電話発信は【楽天Link】というアプリを使えば24時間無料で電話可能!
  • データ無制限エリアで利用出来た場合、最大3,278円という驚異的な月額で利用可能!
  • 1ヶ月間のデータ通信量が1GB以下であった場合、月額料金が0円/月(タダ)となる!
  • 2019年10月1日以降にご契約された場合、MNP予約番号の発行料金、契約解除料金は、かからない!

デメリット

  • 自社回線を使った提供エリア内の判定あっても、データ無制限利用は確実ではない。
  • 自社回線の電波塔が少ない為、圏外となるケースもある。

以上を踏まえ、楽天モバイルへのお乗換え、お申込みをご検討下さいね。

楽天モバイル、5Gの今後の課題

【自社回線】の強化が最大の課題です。携帯大手3社と比較をされてしまうのが【楽天モバイル】です。電波塔の数、帯域幅の確保、など、根本的な提供サービスの提供が不安定の為、ユーザー数の確保と共に、国(総務省など)からの補助が必要と考えられます。

しかし!5Gを自社で進める名乗りを上げた、2020年9月30日から、短期間で、よくここまで成長できましたよね!さらに今後は、iPhoneの販売が開始され、楽天モバイルユーザー数は、ますます向上していきます!

エリア拡大、自社回線の拡大、提供プラン、5G、共に今後に期待したいですね!

ただ、2021年現在は自宅でネットするならまだまだ光回線をオススメしますね。

特に私が契約している光回線は今キャンペーン中で超お得です。

exciteMEC光
【契約者が一挙解説】exciteMEC光の評判はどう?キャンペーンから解約方法まで安い費用ですぐに始めて、いつでも無料でやめられる光回線「exciteMEC光」が非常にお得で優れたサービスと話題です。速度や安定性は期待できるのかどうかも含めて特集しています。...