速くする

ポケットWi-Fi(ワイファイ)が遅い!繋がらない!その原因と解決策

最近はスマホも格安SIMの時代になり、経済的な反面無制限でネットをすることが難しくなった…

タブレットやノートパソコンを外に持ち出して仕事をしようにも、カフェのネットはスピードが遅いし…

そんな悩みを解決するのが、われらがポケットWi-Fi(ワイファイ)様!良かった良かった~

 

…のはずでした。

 

しかし、そのポケットWi-Fi(ワイファイ)自体が遅い!それどころか繋がらない~!と嘆くことはありませんか?

私はただ快適にネットをしたいだけ、ただそれだけ

あなたもそうではありませんか?

このページでは、ポケットWi-Fi(ワイファイ)が遅くなったり、繋がらなくなる主な原因とその解決方法を取り上げたいと思います。

ポケットWi-Fi(ワイファイ)を使う同士として、きっとあなたのお役に立てることでしょう。

 

目次

ポケットWi-Fi(ワイファイ)が遅い理由とその解決策

ポケットWi-Fi(ワイファイ)が遅くなる理由は一つや二つではありません。以下に考えられる遅くなる原因と解決策をご提示します。どうぞお役立てください。

原因① 通信量オーバーで速度制限を受けている

⇒解決策 ①制限解除を待つ または、②プランを見直す

ポケットWi-Fiを利用するにあたって、ややこしいものの一つが速度制限に関する規約です。

いろんな会社があって、訳が分からないほどいろんなプランがあって、

調べるのに疲れてきたところで、通信無制限をうたっているWi-Fiを見つけて

「よっしゃコレだ!」

って契約して

「あれ?遅い?なんで?」

と思っても、まさか速度制限を受けているとは思わないですよね?

ところが、誰もが、そう誰もが制限を受ける可能性はあるんです(涙)

残念ながら現在、速度制限のないモバイル回線サービスは存在しません。

注:しかしその速度制限を制限と「感じにくい」サービスは存在します(#^^#)

あなたが見た月間容量無制限プランの説明事項の中にもきっと、ちっちゃなちっちゃな字で短期容量制限に関する事柄が書かれていたはずです(涙)

あるいはあなたは月間容量制限有りのプランを利用していて、単純に「月に使っていいのはこれだけですよ」という月間容量制限を超えてしまったのかもしれません。

月間容量制限にしろ短期容量制限にしろ、引っかかってしまったのでしたら解決策は2つです。

  1. 制限解除を待つ
  2. プランの見直し

まず解決策1の説明からですが、もし月間容量制限を超えているようでしたら翌月まで、短期容量制限を超えているようでしたら次の日まで待つ必要があります。

…が、もし引っかかっているのが短期容量制限で次の日になっても解除されていないようであれば、1度ルーターの電源を切って再度電源を入れてみてください。

制限が解除される可能性があります。

これは「制限を受けた状態で通信し続けている」とみなされ、その場合は1度通信を切断しないと解除されないという仕組みになっているからです。

解決策2の「プランを見直す」場合もさらに2通りの方法があります。

  1. 月間容量の大きなプランに変更する
  2. 月間無制限で短期容量制限の中から条件の易しいプランに変更する

の2つの道です。

記事の後半で上記2つのプランをご紹介いたします。

解決策⇒①制限解除を待つ または、②プランの見直し

原因② 機種(ルーター)が古い

⇒解決策 ルーターを新しいものに変更する

え?機種(ルーター)を変更?

いきなり全否定のような解決策ですが、機種(ルーター)が古いことによる速度の低下は意外とよくあることで、解決策としてはルーター自体を変更するという方法になります。

ポケットWi-Fiはかなりのスピードで進化を遂げていて、1年で倍近くの通信速度に進化し、2年も経過すると最高速度は全く違ってきます。

特にWiMAX(ワイマックス)をご利用の方は要注意で、機種の古さだけの問題ではなくなってきます。

WiMAX(ワイマックス)は現在、旧WiMAX回線を縮小しながらバージョンアップしたWiMAX2+という通信規格に移行中で、近々消滅するとのことです。

新しいルーターは、この新回線のWiMAX2+を使用できるのです。

*本ページでは旧WiMAXも新回線WiMAX2+もまとめてWiMAXと呼び、「旧」などとことわりがないかぎり基本新回線を指します。

旧WiMAXも使い放題のプランで使い勝手の良いものではありますが、WiMAX2+対応の最新機種の最大下り通信速度は708Mbpsでああることと比べると、旧WiMAXの最大下り通信速度が13.3Mbpsというのは、機種の古さと合わせて回線自体も速くなりようのない状況と言えます。

ですから、もしお持ちの機種(ルーター)が古いもの、また契約回線が旧回線(旧WiMAX)しか使えない機種であれば、変更を検討することをお勧めいたします。

自分に最適な新しい機種ってどんなのがあるかな?という方は記事後半の「快適ネットライフを手に入れるぞ!」をご覧ください。
快適ネットライフを手に入れるぞ!

解決策⇒新しい機種(ルーター)に変更する

注意:急に遅くなって何日も改善しないという場合、一つの可能性として故障も考えられます。その場合は、新しい機種に変える前に契約したプロバイダにご相談することもできるでしょう。

 

原因③ 場所が悪い

⇒解決策 場所や角度を変更してみる

お使いのポケットWi-FiがWiMAX(ワイマックス)であればなおのことですが、置く場所や角度によって電波の送受信の感度がかなり影響を受けます。

家の中心ではなく窓の近く、そして各部屋を試してみてください。2階建てであれば、上の階の方が電波を送受信しやすい傾向にあります。また、同じ階でも方角によってだいぶ変わってくることがあります。

自分の近くにポケットWi-Fiを置くことよりも、ポケットWi-Fiが電波を拾いやすい場所に置くことを優先してみてください。

ポケットWi-Fiから各端末(スマホやPC)への通信は、家の中であればある程度カバーできることが多いからです。

優先すべきはポケットWi-Fi(ワイファイ)が外部からしっかり電波を受信することです。

場所だけでなく置く角度もいろいろ試してみてください。結構変わるんです!

⇒解決策 場所や角度を変更してみる

 

原因④ 他の電波と干渉している

⇒解決策 使用周波数を5GHz帯域に変更する

他のWi-Fi(ワイファイ)や電子レンジなどからの電波が干渉している可能性も考えられます。

同じ周波数帯の電波が多く行き交う場所では、お持ちのポケットWi-Fi(ワイファイ)の電波が影響を受け速度の低下を招くことがあります。

近くにWi-Fiスポット多くのスマホが集まる場所はありませんか?電子レンジの近くではありませんか?

その場合は電波干渉を受けている可能性が大いにあります。

解決策として試していただきたいのは、お持ちのポケットWi-Fi(ワイファイ)の設定画面で使用周波数帯を5GHzモードに変更することです。

多くの電子機器は2.4GHz帯を使用しているため、使用する周波数を変えることによって改善を図ることができる場合があります。

しかも、5GHzモードはスピードアップも期待できます(電波の届く範囲は変わってきますが)。

ぜひ、モードの切り替えを試してみてください。

解決策⇒ 使用周波数を5GHz帯域に変更する

 

原因⑤ 利用機器(スマホやPCなど)の通信性能に問題がある

⇒解決策 有線(LANケーブル)で繋いでみる

さらに可能性として考えられるのは、問題はルーターにあるのではなく、普段利用しているスマホやパソコンの通信性能が低いことです。

これは、いくつかの機器(スマホやパソコンなど)で繋いでみて速さに差が出るのであれば、ルーターではなくその遅い機器自体の問題を疑ってみる事ができるかもしれません。

もし、遅い機器とルーターをLANケーブルで繋ぐことができるのであれば、いくらか改善できる可能性がありますのでお試しください。

⇒解決策 有線(LANケーブル)で繋いでみる

もし、どの機器に接続してもまんべんなく遅い、上記の対策も実施したけど改善しないというのであれば、やはりルーターに問題有りですので、ルーターまたは回線の変更を検討する必要があるかもしれません。

 

ポケットWi-Fi(ワイファイ)が繋がらない原因と対策

原因① 一時的に内部処理がおかしくなっている(バグが起きている)

⇒解決策 再起動してみる

電子機器には時々起こることですが、ルーター側かスマホなどの利用機器側のどちらかでバグが起きている可能性があります。

 その場合は単純に再起動することで正常に戻すことができ、今までと同じように繋がることが多々あります。

まずルーター側を再起動させてみて、変化がなければ今度は利用機器側を再起動させてみてください。

⇒解決策 再起動させてみる

 

原因② 機内モードがオンになっている

⇒解決策 機内モードをオフにする

たまに、なぜか機内モードがオンになっていることがあり、その場合は機内モードをオフにすると繋がりますので、ご確認ください。

⇒解決策 機内モードをオフにする

 

原因③ 電波干渉による接続不良が起こっている

⇒解決策 使用周波数を変更する

ルーターは通常の状態であれば、2.4GHzの周波数帯域を利用していることが多いですので、他の電子機器や通信機器が多い場所では電波干渉によって接続不良を起こしている可能性も考えられます。

その場合は、いったん設定画面から周波数を5.0GHzに変更してみてください。

⇒解決策 使用周波数を変更する

 

原因④ 基地局で問題が起こっている

⇒解決策 待つ

場合によっては基地局で問題が起こっていることもあり得ます。利用者が集中しているため回線が混雑しているのかもしれません。

その場合は回復を待つか、人の少ないところに移動すれば違う基地局を選択するので、電波状況が改善されるかもしれません。

⇒解決策 待つ

 

以上、主な速度低下や繋がらない原因とその解決策を挙げてみました。

無事に解決なさっていることを切に願います。

「嗚呼!遅い!」

とか

「嗚呼!繋がらない!」

というのは本当にストレスですので。

 

ダメだ!このポケットWi-Fi(ワイファイ)やっぱり遅いし繋がらない(涙)

Wi-Fiが遅い理由や繋がらない理由は大体わかった、けどやっぱり改善できない(涙)

そんな時は、もう我慢するしかないのでしょうか?

しかし、我慢するのはあなたが思っているより大きなマイナスかも知れません↓

侮れない!ネットが遅いために生じるマイナス面(デメリット)

時間をおいて解決される問題の場合は別として、日常的に通信速度が遅かったり、繋がらなかったりするのはかなりの

ストレス!

ですよね。

そのような状況に耐えながらネットを繋いでおられるかもしれません。

その忍耐力はそれはそれで素晴らしいのですが、そうは言ってもかなりのデメリットがあることも覚えておいた方がよいかと思います。

  • ダウンロードが遅い → ストレス
  • サイトを開くのが遅い → ストレス
  • 動画を見ていてもいいところで何度も途切れる → キィーッ!(; ・`д・´)

などなど、ことある度にネットの遅さを痛感します。

あのクルクル回って待機を促すアイコンが目に焼き付きます。。。

しかし、最も大きなデメリットは…

奪われている時間です。

1回1回、1日1日のロスタイムはそれほどに感じないかもしれません。しかし積もり積もるとどうでしょう?

1日1時間ネットを利用して、そのうちトータル5分だけ待たされるとしますと(サクサク動くのと遅いのでは5分どころの差ではないと思いますが少なく見積もって)、

1週間で35分

1か月で150分

1年で30時間

も待たされています。

ただ待たされているだけです。お金が入ってくるわけでもありません。

800円の時給換算すると24,000円になります。

もし、1日2時間ネットする方であれば倍の時間ロスすることになります。

1年で60時間ただ待っている

1年でということは、そのネットの契約が2年契約なら…ゾッ!

これはかなり大きな損失ではないでしょうか。。。

時間の損失もストレスも、溜まり溜まると人生を蝕みます。

私はストレスで慢性的な咳に悩まされるようになりました(ゴホゴホ、、、涙)

ですので、あなたにはぜひとも改善して欲しいと思います。

しかしそうは言っても、、、

思い切って機種やプランを変更したいけど

もしサクサクとネットを利用できる状態に変えることができるなら、もうひと思いに機種やプランを見直したいとお考えかもしれません。

しかしそれでも、いろんな回線があって、いろんなプロバイダがあって、いろんなプランがあって、いろんな機種があって、、、

「わけがわかりません!((+_+))」

という方も多いのではないでしょうか?わたしがそうでした(笑)

しかし簡単な選び方があります。

何が良いのかわからない(-_-;)⇒こちらをどうぞ!

ただ漠然と「良いもの」は何か?を探し続けると、なかなか見つけにくいものです。

しかし、自分にとって」何が良いのかを考えると、案外すんなり選べます。

それで、自分がポケットWi-Fiに求めることをハッキリさせことができれば、すぐにあなたにとって最適なポケットWi-Fiとそのプラン、プロバイダが決まります。

例えばあなたは、

  • 安さとスピードのバランスが大事派?
  • 制限を受けないことを願っていますか?
  • 今のものが使い物にならないので、安くて速いWiMAXに乗り換えたい
  • どこでも繋がることが優先事項ですか?
  • 外出が多くて電池が長持ちしないと話にならない立場でしょうか?
  • 使うのは家なんだけど、回線は引けないからポケットWi-Fiを利用?

、、、と、人によってポケットWi-Fi(ワイファイ)に1番求めるものは違ってきます。

そしてそれぞれに対してちゃんと「ベスト!」が存在します。

この記事の後半では、それらの要望にベストなポケットWi-Fiをご紹介しますので、ぜひ参考にされてください。

しかし、自分のポケットWi-Fiに求めるものがハッキリしていても、以下の現実問題に直面している方もいらっしゃるかもしれませんね。

解約違約金がかかるから我慢( ノД`)シクシク…⇒シクシクしなくても大丈夫です!

本当は変更したいんだけど、実は契約期間がまだまだ残っていて解約違約金が発生しちゃう、、、

「しばらく我慢するしかないか、、、シクシク」

と、時間の浪費と知りつつも現実問題として解約違約金が壁のように立ちはだかっているでしょうか?

実は、プロバイダごと見直す(変える)ことによって、違約金がかかったとしてもかなりの節約になるかもしれません。

なぜかと言いますと、今はポケットWi-Fi(ワイファイ)の契約も競争が激しく、各プロバイダが競って顧客を確保しようと身を削って、低い価格設定や特典など、独自色を出すためのいろいろなサービスを提供している現状があるからです。

ですから、今あなたが契約されているプロバイダと、他のプロバイダの価格やサービスを比べるなら、仮に一時的に解約違約金を支払うことになったとしても、乗り換えた先で早い段階でそれを上回る節約をすることができるかもしれません。

大切なのはトータルの支出ではないでしょうか?

思い切って乗り換えることによってサクサク使えるネット節約両方を手にすることができる可能性は

きわめてなのです!

それに加えて、プロバイダによっては、顧客確保のために他社から乗り換えてもらうために、さらにすごい特典も付けているところがあります。

それは…↓

その名も解約違約金負担制度です。

他社から乗り換える方に発生する違約金を肩代わりしてくれるプロバイダがあります。

それはブロードワイマックスです。

違約金を肩代わり、これは結構すごいですよね。

ブロードWiMAXのサイトを見る

詳しくは以下の要望別ポケットWi-Fiご紹介をご覧ください。

快適ネットライフを手に入れるぞ!(悩み別おススメ機種とプラン)

ここからは、あなたの悩みにベストに答えるポケットWi-Fi(ワイファイ)のご紹介をしたいと思います。

現在、ベストな選択は基本WiMAXです。

バランスが取れていて、短期速度制限にかかることがあるとしても、その制限は非常にゆるく速度制限を感じさせない安定した快適さをもたらしてくれます。

WiMAXと並んで利用されるモバイルWi-Fiに「ワイモバイルのPocketWi-Fi」がありますが、それと比べてもやはりWiMAXが良い選択と言えます。どうしてそう言えるのかを比較した記事もありますので、興味のある方はご覧になってみてください。

【2018年】ワイモバイルPocketWi-FiとWiMAX2+比較!エリア・電波・月額は?

今現在あなたが契約している機種がすでにWiMAXであった場合も以下の記事に目を通されることをお勧めいたします。

同じWiMAXを扱っていたとしても、プロバイダを変えることによって大きく節約できることがあるからです。

例えば、WiMAXといえば元祖はUQWiMAXですが、素直にUQWiMAXでプロバイダ契約をすると大損です。

使う機種や契約するプランは全く同じでも(つまり通信速度や制限が同じでも)、UQWiMAXはただただ高いのです。

ですからプロバイダをどこにするかは非常に大切です。

注意:これはあくまで月額料金を抑えることができる可能性のことです。WiMAXを利用しているあなたの地域がWiMAXの電波が弱いなどの問題がある場合はWiMAXからWiMAXに変更しても意味がありません。回線を変える必要があります。

そのことも踏まえて、これから要望別(悩み別)最適プランを挙げさせていただきます。

以下はよくあるランキングではありません。

要望別(悩み別)に、わたしがベスト!と思うものを一つずつ挙げていきます。

そう、自信を持ってベスト!を挙げています。

選定基準の一つをお伝えしますと「キャッシュバック」を売りにしているところはあえて外しています。

理由はシンプルです。

受け取り条件が厳しいものや、めんどくさい手続きが必要なものが多く、その受け取り率もかなり低いものだからです。

本来受け取り率は100%じゃなきゃいけないはずなのに、半数程度が受け取れていないとのことです。

キャッシュバックを受け取れないと、わざわざ超高いプランで契約したことになってしまいます。

個人的に、このキャッシュバックというやり方が好かん( ゚Д゚)のです。

あなたにもそんなリスクを負わせたくないという、勝手な基準を設けて以下に最適プランを列挙します。

(もしあなたが「キャッシュバック大好き!」という方であれば、勝手なことしてごめんなさいm(__)m)

ちなみに以下に挙げるプロバイダやプランはすべて「安い!」を前提にしています。

ですので、ご安心ください。すべて「安い!」です(#^.^#)

ぜひご参考ください。

☆とにかく安く、でも速いのがいい(実は私はコレ派(笑)) → カシモWiMAX

私が個人的に強く要望する項目(安さ重視!)です。

とにっかく安い!でも速い!の「ベスト!」はカシモWiMAXです。

WiMAXと名が付いていることからお分かりのように、このプロバイダが扱っているのもWiMAXです。

WiMAXの良いところは「速い、安い、繋がる、制限がゆるい」と何拍子もそろっていてバランスが取れているところです。

そのバランスが心地よさを実現しています。

カシモWiMAXのサイトを見る

カシモWiMAX

カシモWiMAXがどれほど安いのか、、、

以下はギガ放題(月間容量制限無し)の料金です。

最初の2か月間の月額料金 1,380円

3~24か月間の月額料金 3,380円

特に最初は、スンゴイ安いですね。

しかも後半高くなるというわけでもありません。3,380円は安いですよね。

さらにメリットを挙げます。

  • 2年契約
  • 2年総計77,120円
  • 申し込み月料金無料
  • オプション加入不要

今や3年契約が主流になりつつある業界にあって、2年契約をすることができる貴重なプロバイダと言えるでしょう。

WiMAXを2年契約できる、それだけでもカシモWiMAXを選ぶ価値があると言えるかもしれません。

申し込み月無料に注目してみてください。これはつまり初月はタダで使えるということです。

例えば

1月1日に申し込んだとすると、、、

1月2日開通(契約開始)

1月3日端末到着使用開始

→1月31日までタダ

→2月から1ヶ月目スタート1,380円

→3月の料金1,380円

→4月の料金3,380円

→2年後の1月まで3,380円

ということです。

これで2年(と約1ヶ月^^)トータル”77,120円”となります。

月の早い段階で申し込んだ方が、その月を無料で使えますのでよりお得ですね。

まとめると、2年契約ができて、料金もスンゴイ安くて、初月は無料なので、WiMAXを安さ重視で契約したい方(つまり私のような方)に向いているのがカシモWiMAXです。

しかし!デメリットもあります。つまり安いのには理由があるということです。

以下はデメリットです。

  • 最新機種の扱いがない
  • 扱う端末が新古品

残念ながら最新機種が選べません。ですので、新しいものにこだわる方には向いていないでしょうね。

*【2018年3月追記】2018年3月現在から最新機種の取り扱いも始まっています!料金設定は少し違いますが、これで「カシモWiMAX」が私の揺るぎないベスト!になりました ^^最新機種はもちろん新品です!

この最新機種ではないコース(ここまで説明してきたコース)は現在も「最安コース」として残っています。

といっても、決して古い機種ではなく、最新機種の一つ前の機種で、ちょっと前はこの機種が最新機種でした。

カシモWiMAXに関してもう少し詳しく扱った次の記事もどうぞご覧ください。

カシモWiMAX(ワイマックス)が安いと評判!お得かどうか比較

ちなみにわたしは新しいものにはこだわりません(笑)

私がこだわっているのは「快適に使えるかどうか」です。

実際私が今現在使用しているものもWiMAXなんですが、最新機種ではありません。

Speed Wi-fi NEXT WX03です。

このカシモWiMAXで今無料でもらえるものよりも前の機種です。

しかし、今現在不満なく使用できています。

端末が新古品といっても、未使用品ですから使用に際しては何の問題もありません。

ですから、わたしの場合は最新機種の扱いがなくても、ひじょーに安く2年で次に移行できるカシモWiMAXを選びます。

カシモWiMAXのサイトを見る

カシモWiMAX

☆制限を気にしたくない → カシモWiMAX or ネクストモバイル

いつも

「今どれぐらい通信量使ってるかな?あとどれぐらい使ったら制限かかるかな?」

「あ、今月もうこんなに使ったのか、今日はもうやめないと…でも○○やりたかったなあ」

「今日は通信量節約のために、コンビニかどっか探して無料Wi-Fi使わないと、、、」

って気にしながらWi-Fiを利用するの残念ですし疲れますね。

確かに現在、制限が全くないプランは存在しません

なので、自分がストレスを感じない(制限と感じにくい)プランや回線を選ぶことがベストでしょう。

現在、速度の制限のかけ方が2種類あります。

  • 一つは月間制限が無く、短期容量制限は有りというプラン
  • もう一つは短期容量制限が無く、月間容量制限は有りというプラン

です。

人によってどちらがストレスが少ないかが異なりますので、私が一方を押し付けるよりも、この「制限を気にしたくない」の項目ではあえて2つの方向での「ベスト!」を挙げました。

まず一つ目は、、、

ストレスを感じない制限① 月間容量制限無し で 短期容量制限有り

ベスト!カシモWiMAXのギガ放題プランです。

カシモWiMAX

カシモWiMAX

月間容量に制限があってそれに引っかかった場合、その日から月末まではずっと制限を受け続け速度が遅いままですが、WiMAXのギガ放題プランは月間無制限なので月末までの数日間を我慢して過ごす、なんてことがありありません。

そこで気になってくるのが、WiMAXのギガ放題プランの短期容量制限なのですが、それは3日間で10GBを使用した次の日の夕方6時から夜2時まで速度が落ちるというものです。

しかし、その速度が落ちた状態でも実は1Mbpsのスピードは出ます。

これは普通にYouTubeが視聴できるレベルの速度ということです。

WiMAX2+の速度制限時1Mbpsってどのくらい遅いの?

なので速度制限がかかった状態でも、速度制限がかかっていると感じにくいのです。

もしかしたら時々「ん?ちょっと電波悪いかな?」とは感じることがあるかもしれませんが。

それに3日で10GBを超えるのは稀であると言えます。

実際私もWiMAXのギガ放題プランですが、どんなに使っても(しかも私だけではなくこの一台を家族3人で使用中)3日で10GBを超えるのは稀ですし、容量を超えて制限を受けているはずの時間帯でも、ほんとに制限を感じません

これは人にもよるのかもしれませんが、私はほんとに制限を感じません。

計算上ではありますが、1日3GBぐらいの使用であれば3日間制限にも引っかからないで1ヶ月(90GB分)使い続けることができる、ということになります。

あくまで目安ですが3GBであれば、YouTubeを高画質で3時間半、低画質で16時間ほど視聴することができます。

まさに制限無し!って感覚になりますね。

次の日に制限がかかるというのもポイントです。

その日までに3日間トータルで10GBを超えてしまったとしても、その日の夕方に行っているダウンロードが急にできなくなったりゲームを中断しなければいけないなんてことはありません

なにせ、制限がかかるのは翌日なので、制限がかかる前に必要なことは終わらせることができます。

これらがWiMAXの制限のいいところですね。

そしてそのWiMAXを扱っているプロバイダの中でもカシモWiMAXがベスト!な選択だと思っています。

なぜなら、このプロバイダならではの特典がたくさんあって、、、

  • 取り扱い全端末無料
  • 初期費用、初月月額が無料!
  • 月間容量制限無し(ギガ放題プラン)*短期容量制限は有り
  • 月額料金が最安級(最初の2ヶ月は1,380円、以降は3,380円)
  • 二年契約可能

とこれだけのメリットがあります。

ですから、月間容量無制限のポケットWi-Fiでベスト!はカシモWiMAXです(^^)

カシモWiMAX

カシモWiMAX

 

ではもう一つ

ストレスを感じない制限② 月間容量制限有り で 短期容量制限無し

ベスト!は迷うことなく

ネクストモバイル」 

です。

この「NEXTmobile(ネクストモバイル)」はスゴイです!

設定されている月間容量は2種類あり、

20GB/月(月額2,760円~)

30GB/月(月額3,490円~)

【追記】2018年3月28日より50GB/月プランが追加されました。スゴイ!

です。普通の人は使い切らない容量です。

短期容量制限はありませんので、もし一時的にたくさん使って3日間で10GBを超えたとしても次の日もその次の日も何の制限もかかりません。

ですから、今現在毎月の使用量が20GBあるいは30GBまたは50GB以下であるという方にとっては、ノーストレスが約束されます。

しかもこのNEXTmobile(ネクストモバイル)の良さは計り知れません。

同じ30GB/月を設定している他社ポケットWi-Fiの場合と比べてダントツに安い価格設定となっています。

しかも回線はソフトバンクの回線を使用しているので、現在WiMAXよりも(建物内なども含め)広い範囲で快適に使用することができます。

ネクストモバイル」 

ストレス別「制限を気にしたくない」ベストまとめ

ということで、あらためて下記にまとめますと

◎ストレスを感じない制限① 月間容量制限無し で 短期容量制限有り

ベスト!カシモWiMAXです。

カシモWiMAX

カシモWiMAX

◎ストレスを感じない制限② 月間容量制限有り で 短期容量制限無し

ベスト!は「ネクストモバイル」です。

☆乗り換えたい → ブロードワイマックス

今のWi-Fiから新しくて速くて安いWiMAXに乗り換えたいのであれば

ズバリ答えは一択で、それはブロードワイマックスです。

あなたは、

「契約途中だけど、遅いのはもうコリゴリだ!」

「解約違約金は発生しても、いっそのこと最速の機種を使いたい!」

と、今まで遅いネットライフからくる反動を感じているかもしれません。

現在月額料金を安くして、速度が最速で、速度制限の条件もゆるいものを選ぶことは可能です。

それを実現したプロバイダとプランがあります。

それはブロードワイマックスというプロバイダでギガ放題プラン最新機種を選ぶことです。

この会社は通信スピード史上最速の最新機種を無料提供しています。

スピードを重視する方にとって、これ以上のプランはありません。

とくにあなたがauユーザーであれば、ダントツ一押しとなります ^^

ブロードワイマックス

BroadWiMAX

ブロードワイマックスを選ぶメリットは?

メリットはいくつもあります。

  • 最新機種が無料
  • 今なら初期費用18,857円がweb申し込みで無料キャンペーン中
  • 月間容量制限無し(ギガ放題プラン)*短期容量制限は有り
  • 月額料金が最安級(最初の3ヶ月は2,726円、以降は3,411円)
  • auスマホユーザーはさらに割引有り

上記以外にも良さが満載なのですが、さらに目玉特典として、、、

  • 他社からの乗り換えの場合、解約違約金負担制度がある

これが、かなり大きなメリットと言えます。

速度が遅いのに解決策がないまま解約違約金がネックで乗り換えを迷っているなら、しかも現在のポケットWi-Fiの月額が5,000円を超えているなんていう状況であれば、ブロードワイマックスで契約しなおすことによって

スピード & 節約

の両方を手に入れることができます。

ブロードワイマックス

しかしデメリットもあります。

ブロードワイマックスのデメリットは?

  • 3年契約しかない

です。

これは確かに残念なポイントですね。しかしこの業界はこれから全体的に3年契約の方向に向かいそうです(泣)

とは言っても、最新機種ですので3年使う分には耐久性の面でもスピードの面でも持ちこたえられるでしょうし、使用してみて最初の8日間で気に入らない点があれば契約を解除することができる親切なサポートもあります。

この価格とスピードに満足であれば、3年間いちいち他のWi-Fiに替えることを考える手間を省ける、と考えることもできるかもしれませんね。

☆地下鉄でもどこでも使いたい → ネクストモバイル

「移動が多くて、どこでもネットが使えないと困る!」

という方や、

「都市部から少し離れたところに住んでいるので、WiMAXの電波が弱いから不便」

という方にとって、

最適なポケットWi-Fi、つまりベスト!

ネクストモバイル

のみです!

よければ、NEXTmobile(ネクストモバイル)を特集した次の記事もどうぞ。

エリアが広くて超絶安い!?ネクストモバイルの口コミや評判は?

どこでも(かつ安く)使いたいという方に、これを超えるプランを私は紹介することはできません。

NEXTmobile(ネクストモバイル)はWiMAXではなく、ソフトバンク回線です。

なので、ソフトバンクのケータイが通じる場所ではNEXTmobile(ネクストモバイル)も問題なくビュンビュン繋がります

実は「どこでも」という側面だけでなく、スピード面でもWiMAXに負けていません

NEXTmobile(ネクストモバイル)のメリットは以下です。

  • エリアが広くて速い!地下鉄でも繋がる!
  • 3日間の短期容量制限無し!
  • 電池長持ち最長20時間!
  • 小さくて軽く持ち運びに最適!
  • オプション加入不要!
  • 端末無料

など多くのメリットがあります。

ソフトバンク回線なので田舎でも、地下鉄でも広い範囲で使用可能です。

短期容量制限がありませんので、制限を気にする必要がなくなります。

そして非常に安いです(^^)

20GB/月 → 月額2,760円

30GB/月 → 月額3,490円

【追記】2018年3月28日より50GB/月プランが追加されました。スゴイ!

50GB/月 → 月額4,880円

WiMAXと違って月間の容量制限がありますが、そうは言っても最大50GBもあります。

普通に使っていればなかなか超えるものではありません。

もちろん、ヘビーユーザーだという方には向いていないかもしれませんが、たいていの方であれば問題ないでしょう。

「自分は20GBとか30GBで間に合うかな?」という方のために、

ここで判断するための目安を記しておきますね。

  • 1GBでYouTubeを高画質でおよそ90分視聴できます。低画質なら5時間半ほどです。
  • 1GBでラインのビデオ通話が3時間15分楽しめます。
  • 1GBでWebサイトを約4,400ページ閲覧できます。

上記は「1GBあたり」の目安です。

NEXTmobile(ネクストモバイル)の30GBプランであれば、約1日分の容量ですが、結構多くのことができそうですよね。

万が一のための安心サポートも300円/月ですので、それをオプションで付けたとしてもトータル3,790円で毎月30GB使い放題です。

しかも場所を選びません(^O^)どこでもビュンビュンです!

しかし、

「自分はきっと30GBどころか50GB以上使うだろう」

という方は月間容量制限のないポケットWi-Fiを選んだ方が良いと思います。

といっても私がNEXTmobile(ネクストモバイル)以外で「ベスト!」と心からおススメできるのはWiMAXです。

しかしWiMAXは今のところ「どこでも!」とはいきません(/_;)

ネクストモバイル

☆電池長持ちじゃないと話にならない → ネクストモバイル

「1日中外にいて、そんな簡単に充電もできないから電池は長持ちしてもらわなきゃ困る!」

とか、

「よく旅行に行くからできるだけ電池が持ってくれないと不便!」

とか、

「ずーっと使っている訳ではないけど、よく充電を忘れるから電池長持ちの方がいい!」

という方にはこれ

ネクストモバイル」 

ベスト!です。

快適な速さ!安心の大容量通信!どこにいても繋がる信頼感!

これらを兼ね備えた上で、圧倒的な電池容量を持っています。

多くのポケットWi-Fi端末が10時間未満、よくて13時間程度の電池容量であるのに対しNEXTmobile(ネクストモバイル)はなんと!

圧巻の20時間です!

なのに他と比べてもコンパクトこの上なし!です。

20時間持てば、次の充電まで十分持つのではないでしょうか?

NEXTmobile(ネクストモバイル)は月間容量制限があるタイプのポケットWi-Fiですが、その容量は20GB、30GB、50GBの中から選べます。

例えば30GBプランは月々3,490円と格安で利用することができます。

ソフトバンク回線なので、ソフトバンクケータイの繋がるところであればどこでも繋がりますし、とても速いです。

旅行や仕事で長時間外出する時に長時間バッテリーが必要な方、かつ月に50GB以内の利用で済ませることができる方にとっては

最強唯一の選択肢でしょう!

ネクストモバイル

☆自宅で快適に使いたい、でも回線引くのはちょっと → カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

外ではスマホでラインチェックぐらいだから、いちいちポケットWi-Fi使うほどではないし、どちらかというと家では家族みんなでネット使うから家にインターネットを引きたい、でも、

有線回線を引くのはちょっと、、、

あるいは、これから住むところは単身赴任などの短い滞在だから、

有線回線を引くのはちょっと、、、

という方もいらっしゃるでしょう。

そういう方にもベスト!なポケットWi-Fiがあります。

それはカシモWiMAXの置き型Wi-Fi 「Speed Wi-Fi HOME L01s」です。

カシモWiMAX

自宅に据え置き型なので持ち歩くことには向いていませんが、電源に差しながら使えるものですので強力な電波で家族のネット環境を支えます

置き型Wi-Fiとしては最新の機種で、スピードも素晴らしく速くて、同時接続可能台数が42台なので、家族数人同時に使用してもスピードの低下を感じることはほとんどないでしょう。

万が一、急に引っ越さなければならなくなっても安心です、このルーターを電源から外して、引越し先でまた電源に差しこむだけで引き続き使用可能です。

もちろん、引越し先が電波の届くエリア内であることは必要ですが。

自宅に有線回線を引けない時は、この「Speed Wi-fi NEXT HOME L01s」の一択です!

カシモWiMAX

カシモWiMAX

まとめ

ポケットWi-Fiが遅くなる原因、繋がらなくなる原因はいくつかあり、ちょっとした工夫ですぐに解決できる場合と、もう少し根本から変更しなければ問題が解決しないものとが存在します。

この記事ではその原因と対策や、合わせてこれから新しく契約するときに参考にしていただける情報を取り上げました。

今の時代インターネットが繋がらないとかなり不便な世の中となりましたので、早期解決できるよう願っています。

この記事がその解決のお役に立てていれば本当に幸いです。

NEXT mobile

日本ブログ村

  1. 速くする

    ポケットWi-Fi(ワイファイ)が遅い!繋がらない!その原因と解決策
  2. 比較

    WiMAX2+比較2018!正しい選び方はコレ!
PAGE TOP