家事・お掃除

お風呂は清潔に保ちたい!掃除のやり方基本をご紹介!

お風呂 掃除 やり方 ①
Yuri
Yuri
どうもこんにちは、Yuriです。今日も「家事のツボ」いってみましょう!今日は何かと大仕事に思えるお風呂掃除についてですよ。家族が一日の疲れをいやすお風呂を気持ちよく使えるように頑張るあなたの努力はきっと報われます!この記事が役立ちますように!

 

水気が多くこもりやすいお風呂は、カビも生えやすく掃除が必須です。

 

しっかりきれいにして、気持ちよく過ごせるよう掃除方法をご紹介します!

 

大事なことは、掃除の後にしっかり水気をふき取ること。

 

Yuri
Yuri
これ、ちょっとめんどくさいですけど、大事です。掃除後fだけではなくて、お風呂のあとに水気をとるともっと効果的なんですけど。これは家族の協力も必要ですね。

 

水滴が残ってしまうと、それがまたカビの発生源になってしまいます。

せっかくきれいにしたのに、これが汚れの原因になってしまうのは避けたいですよね。

 

掃除の後も長くきれいに使えるよう、ぜひ参考にしてみてください。

 

いざお掃除!の前に、お風呂掃除に必要なものは?

お風呂 掃除 やり方 ①
Yuri
Yuri
まずは、お風呂掃除の基本をご紹介します!

 

準備するものはこちら。

 

・スポンジ

・ゴム手袋

・ゴーグル

・細かいところ用のブラシ

・お風呂用洗剤、カビ取り剤

・タオル

 

以上になります。

 

スポンジは、一般的な手で握るものから、柄がついているものがあります。

浴槽は手で握るものが使いやすく、高いところは柄つきのものが良いでしょう。

 

細かいところ用のブラシは、隙間掃除に重宝しますよ。

 

Yuri
Yuri
歯ブラシも一緒に用意すると、蛇口や排水口の細かい汚れも取れるのでおすすめです!

 

洗剤ですが、今はいろいろ販売されていますね。

うちでは、アレッポの石鹸を使っています。

 

この石鹸は、掃除、洗濯、洗顔、あらゆる洗い物に使える万能石鹸です。

割と大きめですし、すこしずつ削って泡立てて使用するので、長く使えます!

アレッポからの贈り物 190gオリーブ 石鹸 自然 手作り オイル ソープ

 

タオルですが、掃除の後に水気をふき取るために使います。

何枚か用意しておくと良いでしょう。

 

お風呂掃除の手順!上から下がキホン!

お風呂 掃除 やり方②
Yuri
Yuri
お風呂掃除といわず、あらゆる掃除の基本が「上から下に」です。これを知っているのと知らないのとではかなり違いますよ~。

 

特にお風呂掃除は全体的に水を使うので、重力に逆らわず上からきれいにしていきましょう。

 

浴槽から進めているご家庭も多いと思いますが、壁などのカビの汚れが浴槽に飛んでしまう可能性があります。

 

まずは、天井と壁から始めましょう。

 

Yuri
Yuri
天井は、洗剤がついた布などで拭いてください。水や、洗剤を付けておくのはおすすめしません。

 

落ちてくる場合がありますので、汚れをふき取るようなイメージで掃除すると良いでしょう。

 

壁も、もちろん上の方から始めましょう。

高いところの掃除は、十分に気を付けて行ってください。

 

そして、次は気になる浴槽です。

 

大き目のやわらかいスポンジで洗っていきましょう。

側面から始め、最後にそこの部分を洗います。

 

Yuri
Yuri
排水溝の部分は、用意しておいた歯ブラシを使うときれいになりますよ。この部分は汚れが溜まりやすいので、重点的にこすってください。

 

最後に、床の掃除にうつります。

 

こちらも、大きめのスポンジやブラシで洗っていきましょう。

 

カビ予備軍もいるので、きれいに見えるところももれなく掃除してくださいね!

 

すべてきれいにしたら、換気をして水気をふき取りましょう。

 

せっかくきれいにしても、水分をそのままにしてしまうと、そこからまたカビが生えてしまいます。

 

Yuri
Yuri
これで完璧!

 

毎日使うお風呂ですから、清潔に保ちましょうね!

 

お風呂掃除の注意点!無理せず安全に!

お風呂 掃除 やり方③

掃除道具の注意点や、掃除の際の注意点、ご紹介します。

まずは掃除道具の注意点です。

 

全体的に洗剤を使うことになるので、目や口に入らないように気をつけましょう。

 

特に、カビ取り剤を使用する際は注意です。

ゴーグルでしっかり目を守ってください。

 

Yuri
Yuri
掃除の際の注意点は、換気をすること!これは1番気をつけてくださいね。

 

お風呂はとてもこもります。

特に、夏場のお風呂掃除は長くやっていると「くらっ」と来てしまうことがあります。

 

お風呂が綺麗になっていくと、どんどん進めたくなってきますが、疲れたら休憩をはさみましょう。

 

そして、先ほどもご紹介しましたが、最後はしっかり水気をふきとりましょうね。

カビの予防には、乾燥が大切です。

 

マイクロファイバーのタオルは、吸収力があるのでおすすめですよ!

激落ち マイクロファイバーぞうきん(5枚入)【激落ち(レック)】

 

最後に、濡れた床は滑りやすいので、転ばないように注意してくださいね!

 

お風呂は清潔に保ちたい!掃除の基本をご紹介! まとめ

お風呂は毎日使うもの。

体の汚れを落とすところですから、その場所も清潔に保ちたいものです。

 

Yuri
Yuri
お風呂に入った後に、日ごろから水気を拭いておくとカビも生えにくくなりますよ。

 

「アレッポの石鹸」は万能なのでおすすめですが、しつこいカビにはカビ取り剤を使用しましょう。

 

きれいなお風呂で気持ちよく日々を過ごしてくださいね!