賢い生活術

guのヒート テック メンズは、どれがおすすめ?いつから着用?

guヒートテックメンズ
Yuri
Yuri
どうもYuriです。賢い生活術へようこそ!今回のテーマはヒートテック!…最近他の記事でも取り上げましたので新鮮味がないぞーって感じる人もいるかもしれませんが、前回は主に女性向けで今回は「メンズ」です。ご主人や彼氏のためにも要チェックです(>_<)

肌寒い季節から、本格的な冬まで、とても頼りになるヒートテック。

今や、薄い生地で暖かくなるインナーは、様々な会社から販売されています。

 

そこで、今回ご紹介するのは「guの」ヒートテック。

Yuri
Yuri
中でもおすすめなのは、深uネックのヒートテックです!

かなりざっくりとした首回りなので、外に見えることなく気軽に着ることができます。

Yuri
Yuri
ゆったりとしたアウターがお好きな方におススメです!

そして、気になるのがヒートテックを着始める気温について。

どれくらい暖かくなるのか、何度くらいから着始めることができるのか?

Yuri
Yuri
私が目安としているのは「最高気温が15度」の日です。

 

肌寒くなりがちなこの気温。

ですが、気温だけでなく体感温度にも考慮して着用してください。

若干の個人差はありますから、「寒い」と思ったら着始めのサインです!

Yuri
Yuri
なんだかんだでこの基準が一番ですね。

アウターに響かせたくないなら、深 u ネック のインナー メンズがおススメ!

Yuri
Yuri
ヒートテックの種類は様々ありますが、中でも深uネックのインナーがおススメです!

なぜか?

ヒートテックはあくまでインナーですから、襟から見えない方が良いですよね。

深uネックは、首回りがかなり広く開いています。

ワイシャツのような襟の無いアウターでも、ちらりと見えることがありません。

特に、首周りの広めなアウターが好きな方でしたらきっと重宝すると思います!

 

Vネックのアウターでも、気にすることなく着ることができますよ。

Yuri
Yuri
超個人的な見解ですが、冬のインナーとしては、かなり優秀な商品だと思います。

お洗濯事情に合わせて何枚か用意すれば、スマートに冬を越すことができますね!

 

身体を動かす仕事でも大丈夫!ヒート テックは 伸びるので動きを邪魔しない!

ヒートテックは、身体に沿った形をしています。

ですので、動きにくいのではないかと思う方もいるかもしれません。

Yuri
Yuri
しかし、その心配はご無用です。

ヒートテックの特徴の一つに、「優秀なストレッチ性」があります。

 

身体に沿って、身体の動きに合わせて伸びるので、動きを邪魔されることがありません。

プライベートはもちろん、お仕事に着ても問題ないと思いますよ!

 

加えて、ヒートテックは、着ている方の汗で発熱効果が持続します。

むしろ、身体を動かす仕事の方にはもってこいというわけですね!

つまり、

Yuri
Yuri
薄手で動きやすく、暖かさをもたらしてくれるヒートテック。

というわけですね。

一度試してみてください!

そもそも、ヒート テックは 気温が何度から着用すべき?

体感温度は、若干の個人差がありますので、「寒い」と感じ時に着ても問題はないと思います。

 

インナーですから、外に見えることもありませんし、気にせず着ることができるのもヒートテックの魅力です。

 

分かりやすい目安としては、最高気温が15度」の日です。

 

「最低気温」と間違いのないように注意してくださいね!

 

「最高気温が15度」ということは、15度以下の時間があるということですから、すこし肌寒い一日だと言えます。

 

このくらいの気温は、アウターを着込むのもためらわれますし、かといって薄着過ぎるのも心配です。

Yuri
Yuri
これを解決してくれるのがヒートテック!

気温が15度以上ですと、すこし暖かいので、ヒートテックでは暑すぎる可能性があります。

ご自身の体感温度と、予報の最高気温を確認してみてくださいね。

 

それでも少し迷うような気温でしたら、鞄に一着入れていくのもおススメです!

畳めばとても小さくなりますので、邪魔になりません。

 

ストールなどとは違い、アウターを邪魔せずに暖かさをくれますので、検討してみてくださいね!

guのヒート テック メンズは、本当に暖かいのか?検証してみた!まとめ

以上、guのヒートテックについてご紹介してきました。

今やヒートテックを持っている人は、かなり増えてきていると思います。

実際にとても便利なものですし、私も重宝しています。

Yuri
Yuri
一度使ってみると、その安心感にはまりますよ!

ぜひ試してみてくださいね!