比較!賢いネットの選び方

田舎・海外関係なし!どこでもどんなときも繋がるポケットWiFi登場!

どんなときもWiFiアイキャッチ
はあ~今度田舎に引越しなんだけど、次の場所はネット繋がるかな~?
移動が多いとスマホのパケット消費が…ポケットWiFi持ちたいけどなあ、繋がらないことがあるって聞くしな~。
日本でも海外でも両方簡単に使えるネットってないかな?いちいち海外旅行のためだけに契約するのめんどくさいんだよな。
ポケ犬
ポケ犬
日本中の田舎でもどこでも、しかも海外でも繋がるポケットWiFiオソ?そんなのあるわけないオソ!

あります。

日本国内の田舎でも海外でも、どこでもどんなときも繋がる。そんな夢のようなポケットWiFiが登場しました。

さっそくそのWiFiを確認する

2019年5月現在、申し込み殺到で機器の発送が遅れているようです。かなり良いサービスを展開しているので仕方のないことです、大目にみましょう。

田舎・海外関係なく「どこでも」「どんなときも」繋がるポケットWi-Fiがいい!

田舎でも海外でもどこでも繋がる容量無制限のどんなときもWiFi

出典:どんなときもWiFi

「どこでも(国内の田舎だろうが海外だろうが)」「どんなときも(月末だろうがネット混みあう時間帯だろうが)」インターネットに繋げたい!

これを実現するポケットWiFi、その名も

どんなときもWiFiです。

おお!そのまんま!

ネーミングのストレートさにも驚きますが、メリットもやはり素晴らしいです。

「どんなときも」と言うだけのことはあります(>_<)

メリットたくさんの「どんなときもWiFi」

このどんなときもWiFiの優れている点はいろいろあるのですが、いくつか挙げておきたいと思います。

メリット①:繋がらない心配がもうほとんどない!

このポケットWiFiの最大の売りと言えると思いますが、「docomo・au・Softbank」の回線すべてを利用できるため、

今現在存在するモバイルWiFiサービスの中で最も広範囲で利用できるポケットWiFi

ということになります。

たとえ田舎でも山の中でも、本当にどこでも頼りになります。

「こんなポケットWiFiあったらいいなあ」を実現していますね(*^^*)

メリット②:3キャリア中の最適を選ぶから速度も安定

どんなときもWiFiが利用する回線は「docomo・au・SoftbankそれぞれのLTE回線」です。

ですから、速度は速いです。

そして利用する場所によって、1番強い電波の回線をチョイスするので、どこでもどんなときも高速で安定したインターネットを使用することができます。

繋がらない場所をなくすだけではなく、繋がる場所でも「より強力高速な電波を選ぶ」という素晴らしい特徴を備えています。

メリット③:海外でも簡単にネットに繋げられる(手続き不要)

これも他社では無いどんなときもWiFiオリジナルの素晴らしいサービスです。

一般にはだいたい

  • 海外旅行前に海外旅行用のPocketWi-Fiを契約して持参する
  • 日本国内で利用しているポケットWiFi端末で海外使用に対応しているものも、旅行前に海外で利用するための手続きする

ことが必要です。結構手間です(-_-;)

しかしこのどんなときもWiFiは手続き不要で使えます。

国内利用と同じように、海外にただ持参して使用するときに電源を入れるだけ。それだけ。

簡単に海外でも利用できます(*^^*)

特に海外旅行が多い方にとっては非常に大きなメリットとなります。

もちろん、言うまでもないですが無料で使えるわけではありません。1日あたり1,280円(中東・南米・アフリカの場合は1,880円)の利用料がかかります。それでも電源を切って、使わなかった日は利用料は発生しません。つまり0円です。(他社のでは旅行中の期間は使用しようがしまいが利用料がかかる場合がほとんどです)

海外では可能な限り無料WiFiスポットを探して利用し、難しい場合に持参のPocketWi-Fiに頼るという流れが賢いですね。

それでも、いざという時に手元にネットがあるというのは心強いことです。

メリット④:無制限の通信を安心の格安定額料金で。

これもすごいことですが、月間容量制限もも短期間容量制限もなく

全くの無制限で通信できます。

「どんなときもWiFiなら他社wifiルーターのような月間容量制限や通信制限を一切設けておりません!動画、ゲームなどのデータを大容量消費するコンテンツも安心してたっぷりとご利用いただけます。」

引用:「どんなときもWiFi公式ページ」より抜粋

さすがWiFiのネーミングを「どんなときもWiFi」としただけのことはあります!1

場所(どこでも)だけではなく、使用容量の点でも「どんなときも」使えるんですね(*^^*)

公式ページにも注意書きがあるのですが、不正な利用を行なったり、大容量の通信によるネットワーク占有を行なうと(つまり常識を超えるような異常な使い方をすると)他者の通信を守るために速度制限を行なう(384kbps)ことがあるようです。

とはいっても常識の範囲で利用する分には制限の対象にはなりません。大容量通信のゲームもできると言っているのですから。

目安として「無制限通信」を謳う他の会社(それら回線もだいたいdocomoやau、Softbank)ではだいたい月に100GBを超える通信をする場合に制限が課されるようです。

しかし「どんなときもWiFi」はそれらの会社とは違う!制限は一切設けていない!と言い切っていますので、月100GB以上は使えると期待することができるでしょう。

他社にはないメリットばかりです。

どんなときもWiFi公式ページ

なぜこれだけのメリットを実現できるのか?

「どこでも」「どんなときも」繋がるってすごいですね。どうしてこれだけ夢のようなサービスを提供できるのでしょうか?それは

「クラウドSIM」という仕組みを利用している「クラウドWiFi」だからです。

田舎でも海外でもどんなときも繋がるクラウドWiFi仕組み

出典:どんなときもWiFi

公式ページの説明によりますと、

クラウドWiFiは、実際のSIMカードの差し込みが不要です。

「クラウドSIM」でWiFiルーターの利用場所に応じてクラウドサーバー上の最適なSIMカード情報を自動適用させて、インターネット通信を行なえるようにしています。

この次世代通信技術により、どの場所でも最適な回線を選んで快適にインターネットに繋げることができますし、複数のSIMを使うことにより1つのSIM回線に縛られない大容量通信が実現できているということです。

「どんなときもWiFi」のデメリットは?

さて、デメリットもあるんです。

このデメリットを考えずに契約するわけにはいきません!

自分に向いているかどうかをちゃんと判断しないとお金を無駄にしてしまいます。

デメリット①:2年契約

まず一つ目は

「2年契約」だという点です。

ポケ犬
ポケ犬
ん?それはデメリットオソか?普通オソ。

たしかに、現在のモバイルWi-Fiは年契約が普通です。WiMAXなどは「3年契約」が主流となってきているのでそれと比べると逆にメリットです(笑)

しかし、現在のポケットWiFiは年契約をしなくてもレンタルという形で短期間利用することができます。

2ヶ月とか3ヶ月の短期間の利用でも、いらなくなったらすぐに違約金無しで解約できます。

ですからそれと比べると2年契約という形はデメリットに分類できるでしょう。

まあ、そうは言っても「3年契約」が主流の現在では「2年契約」は長い縛りではありませんし、持ち運び可能なWi-Fiですので、引越しなどが生じても全く問題はありません。

どこに引っ越すことになってもきっと「どこでも」「どんなときも」繋がるでしょうし(>_<)

デメリット②解約時に端末の返却が必要

わたしはココがちょっと納得いかない点です。

2年契約なのに、契約形態が「レンタル」であるゆえに解約するときには返却しなければいけないのです。

ちょっとめんどくさいですよね。

しかしレンタルとはいっても端末は新品とのことですし、これだけいろいろメリットをつけて安く利用できるようにしているので、仕方のない条件といえるのかもしれません。

注意:もし、2年後に解約するのであれば、返却すべきものはなくさないようにちゃんと保管しておきましょう。

「どんなときもWiFi」はこんな人に向いている

以上を踏まえまして、どんな人にこの「どんなときもWiFi」は向いているのでしょか?

  • どこでも繋がって欲しい!
  • 海外でも簡単に使用したい!
  • 絶対通信量無制限を希望する!

という要望をもつ人です。

引越しや出張などの移動が多い人

引越しや移動が多い人には向いていますね。

どこに移動しても(たとえ田舎でも)ほぼどこでも繋がることが期待できるので、安心して移動できます。

車中泊をしながら旅行を計画している人にも大いに役立つでしょうね。

海外によく行く人

どこでも電源を入れるだけでネットを利用できるので、海外旅行によく行く人にとっては便利なことこの上ないのではないでしょうか。

海外利用専用のWiFiなどを別途契約しなくても、急に発生した旅行でもすぐに使えます。

海外出張や旅行の多い方は持っていると安心です。

繋がらない時にストレスを強く感じる人

繋がらないことにストレスを感じやすい人は多くいます。

通信中の待機画面のクルクル回るバーを見ていると、ついつい次の動作を促すボタンを連打してしまうものです。(余計に負荷がかかって遅くなるのですが)

しかしそういう人でなくても、待つということだけに時間を費やすのは無駄です。

繋がりにくい場所って、ウェブページを1ページ進むだけでもけっこう待たされますよね。。。

仮に1日5分待たされたとしても、1ヶ月では150分、1年では1,800分(30時間)待たされることになります。

待たされることでストレスを感じない人でも、時間のロスは相当ですね。

時折、安さだけを追求して契約先を決定する人がいますが、そこには同時にたくさんの不便さがあることがほとんどです。

安いと言ってもタダではありませんので、「快適さを実現できるところに」お金を使うことが本当に賢い買いものです。

繋がりにくいことが多い場所に住んでいる人にとっては、この「どんなときもWiFi」を選ぶ大きなメリットがあるでしょう。

ゲームなどの大容量通信を楽しみたい人

スマホでゲームをすることがあるけど、すぐにパケット上限がきてもどかしい、ということがあるでしょうか。

そういう人にとってもこの「どんなときもWiFi」はうってつけでしょう。

なにせパケットを気にしなくても良いわけですから(*^^*)

わたしはゲームはしないのですが、動画を観ることが多いのでこの容量無制限はありがたいサービスですね。

どんなときもWiFi まとめ

「こんなポケットWiFiあったらいいな」

を実現した「どんなときもWiFi」のいくつかのメリットについて取り上げてきました。

  • 繋がらない心配が軽減される(田舎でもどこでも大丈夫)
  • 速度が安定
  • 海外でもネット使用簡単
  • 通信容量無制限

これで定額3,480円です。

ポケットWiFiを契約するにあたって、一番ネックになるのが

「繋がらなかったら(繋がりにくかったら)どうしよう」

というものですが、これを今現在最高レベルで解消してくれるポケットWiFiといえるでしょう。

もちろんデメリットもありました。

  • 2年契約
  • レンタル契約なので、解約時に端末等を返却する必要がある

などです。

2年という契約期間があるという時点で、どうしても2年という期間使いたくない、という人にとっては向いていないですね。

ただ「繋がらなかったらどうしよう」という心配は不要ですよ(>_<)

「どこでも」「どんなときも」繋がります!

どんなときも公式ページ