縛りありスマホプラン

5G対応のiPhoneでおすすめのキャリアやプランはどれ?

5g-iphone

日本でも高速通信が可能な5Gサービスが本格的に始まってきました。

5Gサービスを利用できるようにするには、

5G対応の端末

5Gに対応した料金プランへの加入

・契約している通信会社の5Gエリア内

3条件が揃わないといけません。

つまり、5G対応スマホを持っていても、その場所が5Gの電波が届いていない場合、従来の4Gでの利用となるわけです。

気をつけてねポケけん。

ポケけん
ポケけん
おお!気をつけないといけないオソ!

日本では、シェアが半数を超える圧倒的に持っている人が多いiPhoneで、5G対応のおすすめのキャリアやプランについて解説していきたいと思います。

現在、iPhoneでの5G対応端末はiPhone 12シリーズ

現在(20215月)、販売されているiPhoneで、5Gに対応している端末は、

iPhone 12

iPhone 12 mini

iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro MAX

iPhone 12シリーズの4機種となっています。

ただ、少々ややこしい話になりますが、5Gには大きく分けて2つの周波数帯(「sub6」と「ミリ波」)があります。

日本で販売しているiPhoneは、このsub6のみに対応しており、ミリ波には対応していません。

sub6の周波数帯が3.66Ghz、ミリ波が30300Ghzとなっており、数値が大きいほど速度も出るといってよいので、よく言われるような5Gでは2時間の映画を3秒でダウンロードできるという速度はミリ波帯を使ったもののため、そこまで1sub6のみでは速度は出ません。

もちろん従来の4Gの周波数帯(3.6Ghz以下)よりは速度は出ますので、速さの実感は得られると思います。

海外版のiPhoneではミリ波に対応しているiPhoneも販売していますが、まだミリ波対応のエリアは日本国内はさほどないため(sub6とミリ波では別の5Gアンテナ設置が要)、は2時間の映画を3秒でダウンロードできるという速度のような5G体感をしたい方は、次世代iPhoneiPhone 13でもsub6のみの可能性もあり)まで待つほうが良いかもしれません。

5Gに対応したキャリア、プラン

5Gに対応したプランは、現状、

7各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)

・サブキャリア(ワイモバイル、UQモバイル(※2021年夏以降提供予定))

・格安SIMmineo、リンクスメイト、IIJmio※20216月以降提供予定))となっています。

各社の5G対応プラン

NTTドコモ:5Gギガホプレミア(データ無制限)、5Gギガライト(17GBの従量制)

au:使い放題MAX 5G(データ使い放題) 他、「with amazonプライムビデオ」などオプションセットプランあり

・ソフトバンク:メリハリ無制限(データ無制限)、メリハリプラン+(従量制)に+5G基本料1,000

・楽天モバイル:Rakuten UN -LIMIT(データ無制限)通常プランで5Gも使えます

・ワイモバイル:シンプルS/M/Lプランで5G利用料も含まれます(ソフトバンク回線)

mineo1/5/10/20GB各プランに5G通信オプション+220円(ドコモ、au、ソフトバンク各回線から選べます。)

・リンクスメイト:100MB1TBの各料金プランに5G回線オプション(無料)に加入(ドコモ回線)

※UQモバイル、IIJmioは今後提供予定

ポケけん
ポケけん
どうやって選べばいいオソか?

では、ここからは、iPhoneでおすすめプランの選び方について見ていきましょう。

1.契約するデータ容量プランで選ぶ

データ消費を気にせずとことん使いたい人は、無制限プランを、特に格安SIMは細かく契約データ消費量が決まっているので、自分が月々使いデータ量で適切なプランを見つけましょう。

料金プランの違いはほぼ契約するデータ量とため、iPhoneの場合、【設定】→【モバイル通信】→【現在までの合計】で月の使用しているデータ使用量が把握できますので、月末に確認してみてください。

25Gエリアをチェックする

まだ各キャリアとも、5Gのエリアはかなり限定的となっています。

すべてのキャリアが同じエリアが5G範囲内というわけではないので、各キャリアのHPから自身の生活エリアが5Gエリア内が確認し、一番5Gが使えそうなキャリアの回線を使っているプランがベターでしょう。

せっかく5G対応スマホ、料金プランに入っていても、5Gは使えませんので勿体ないですからね。

3.キャンペーンが自分に適用できるか

5Gサービスが始まったことで、端末割引や月額料金割引などのプランが出ています。

例えば、

・ドコモ=5GWELCOM割(対象の端末購入が最大22,000円割引)

au5G機種変更おトク割 (対象の端末購入が最大16,500円割引)

・ソフトバンク=5G 1年おトクキャンペーン(メリハリプラン+5G基本料加入で1,000円/月割引×12か月)

・楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT6加入で3カ月利用料金が無料)

などあります。

自分にとって有益(iPhone 12など購入したい端末が割引対象など)なキャンペーンで選ぶのもひとつの手です。

4.付帯するサービスで選ぶ

例えば、ポイント(ドコモの場合「dポイント」など)や自宅の光回線(auの場合「auひかり」など)、キャッシュレスサービス(ソフトバンクの場合「PayPay」など)で自分が利用しているものがある場合、合算で割引や特典がある場合が多いので、付帯サービスでプランを選ぶ方法もあります。

まとめ

今回は、「5G対応のiPhoneでおすすめのキャリアやプランはどれ?」についてお送りしました。

上記のポイントを抑えてお選びいただけると思いますが、私が強調しておきたいのは、、、

ポケけん
ポケけん
強調したいのはなにオソ?

「データ無制限」を選んだ方がいい!ということです。

高速に大容量で通信を楽しめるのが5Gの魅力ですので^^

特にiPhone 12では高速プロセッサを搭載していることもあり、高速通信ができるため、5Gも利用して更なる超高速体験をしてみるのもいいでしょう!

スマホとは別に5Gの回線を契約することもできます。

そうすれば、スマホでも自宅の他のデバイスでも5Gの速度を利用できます。

https://taixihuankafei.com/docomo-home5g/

ただ、2021年現在、自宅でネットを楽しみたいのであれば、まだまだ光回線を引く方がずっといいです。

私が契約した光回線は業界最安値で、しかもいつでも無料で解約できるので紹介しておきます。

enひかり光回線最安
光回線最安は「enひかり」である3つの根拠と利用者の声光回線を選ぶ時「高額キャッシュバック!」とか「月額が安い!」というキャッチコピーの裏側をしっかり見ないと「あとから損!」もしかすると「大損!」をするかもしれません。チェックポイントと最新情報をご紹介します!...