縛りありスマホプラン

5G ahamoはどんな人に向いているサービス?

5g-ahamo

今回は、ahamoというサービスをクローズアップしたいと思います。

ドコモが2021年3月下旬から始めた割安プラン「ahamo(アハモ)」

朝日新聞によると、NTTドコモは、契約件数が100万件に達したと発表しました。

しかも、30代以下の顧客が過半数を占めるといいます。

そんな中、以前からドコモユーザーの友人に、5G対応機種のiPhone12を使っているけれど、ahamoにプラン変更した方が良いかと相談されました。

100万人もの人に使用されているahamo。気になりますよね。

いったいどういう人がahamoに向いているのでしょう?

この記事では、5G対応機種を利用している人がahamoで契約すると、どういったメリット、デメリットがあるかを、同じドコモのギガプランと比較して解説します。

ちなみに…

もし、あなたが法人でテレワークで使うネットをお探しであれば次の記事をぜひご覧ください。

300GBが破格です。

doracoon
【法人は知らなきゃ損】DoRACOON(ドゥラクーン)という超お得Wi-FiがNTTブランドから登場!信頼のdocomoから法人専用のWi-Fi「DoRACOON(ドゥラクーン)」が登場しました。個人では契約できない超お得なサービス。今ならWEB非公開のスタートアップキャンペーンもご紹介。...

ahamoと5Gギガホプレミアの比較

いくつも比較項目がありますので、まずは表で比較してみましょう。

ahamo5Gギガホプレミア
月額料金2,700円(税込2,970円)6680円
利用可能データ量20GB無制限
ファミリー割引なしあり 家族間通話料無料 家族以外への通話30秒あたり20縁
24時間かけ放題オプション1000円(税込み1100円)月額1700円
5分通話無料オプション料金プランに含まれる月額1000円
dカードお支払い割なしあり ―170円
みんなドコモ割なしあり2回線 ―500円3回線以上 ―1000円
ドコモ光セット割なしあり ―1000円
サポートオンラインオンライン 店舗 電話
キャリアメールなしあり
留守番電話なしあり
SMSSMS(国内)1回あたり3年~受信は無料国際SMS 1回あたり50円~受信は無料SMS(国内)1回あたり3年~受信は無料国際SMS 1回あたり50円~受信は無料
お申込み窓口オンライン手続きオンライン手続き(My docomo)ドコモショップ・量販店電話(ドコモ インフォメーションセンター)など

ahamoは安価であるだけあって、5Gギガホプレミアといろいろな点で違いがありますね。

これは自分に向いているかどうか判断しやすいでしょうね。

ahamoに向いている人

まず、向いている人はどんな人か、です。

ざっとですが、このような人でしょう。

ある程度、操作になれている人

では、ahamoの利用に向いている人はどういう人なのでしょう。

結論から言うと、スマホの操作にある程度精通している人です。

ドコモショップ、量販店、電話(ドコモ インフォメーションセンター)では、ahamoの申し込みやサポート、修理を受付ていません。

ahamoの特徴は、基本的にサポートがオンラインになる点です。

すべてWebページで、必要項目を自身で入力して進めていかなくてはなりません。

わからないことがあっても、自身でWebで調べて、自己解決する必要があります。

毎月20GBくらいの容量を使う人

ahamoに向いている人は、7GB以上は使うけれど、20GB以上は使わない人と言えます。

5Gギガライトであれば、1Gから7Gまでの間で、使った分に応じて料金が発生します。

5Gギガホプレミアであれば、利用可能データは無制限です。

今まで、5ギガホプレミアのデータ容量をかなり余らせていた人や、5Gギガライトだと容量オーバーだった人は、ahamoを契約すると、丁度良いということになります。

無制限まで必要はないけれど、ある程度の容量は使いたい、そういう人におすすめです。

では、1カ月で20GBのデータ容量を使うとは、具体的に何をどれだけ視聴するということでしょう?

たとえば、Youtubeの場合は、以下のような画像の種類があります。

それぞれの画質で20GBであれば、以下のような時間をYoutubeで視聴できます。

画質画質種類20GB
240P低画質約116時間
360P中画質約72時間
480P高画質約34時間
720PHD画質約9時間40分

1カ月に高画質の動画を34時間、つまり1日で計算すると、1時間くらいの動画を視聴できることになります。

ahamoに向いていない人

次に向いていない人はどのような人なのか?です。

簡単にあげますと…

家族とのやりとりに通話をよく使う人

ahamoは、5分かけ放題オプションが料金プランに含まれます。

しかし、5分以上の通話をする場合は、30秒あたり22円の通話料がかかってしまいます。

5Gギガホプレミアや、5Gギガライトであれば、家族間通話が無料です。

家族とのやりとりに通話を多く使う人なら、家族割引が適用される分、5Gギガホプレミアや5Gギガライトのほうが、お得に使えます。

家族やその他の人と、電話番号ではなく、LINEなどのアプリ経由での通話がメインであれば、ahamoがおすすめです。

大容量のデータを使用する人

たとえば、先に説明しましたが、YoutubeなどのHD質で、月に何十時間も動画を視聴する人、また、AmazonプライムやHulu、ネットフィリックスなどで、高画質で、毎日のように映画を観る習慣のある人は、ahamoには向いていません。データ容量無制限の5Gギガホプレミアのほうが向いています。

もちろん、自宅で契約している光回線があるのであれば、自宅の光回線で高画質の動画を視聴するようにすれば良いと言えます。

ただし、すべてahamoで賄おうとする場合、高画質で頻繁に動画を観る人は、20GBでは足りなくなってきます。

ちなみに、ahamoは20GB超過後は最大1Mbpsの通信となります。

最大1Mbpsの通信は意外と使える回線の太さです。

低画質なら動画視聴もなんとかなりますし、テキストと静止画がメインのウェブ閲覧ならストレスを感じることはほとんどありません。

ですが、1Mbpsでは遅く感じてしまう場合は、高速通信に戻すために、1GBあたり500円の追加料金が必要となります。

データ追加料金が割高なので、大容量追加したい人には向きません。

よって20GBでは足りず、1Mbpsの速度も遅いと感じる場合は、ahamoは向かないと言えるでしょう。

まとめ ahamoは20GBのデータを使うか否か、スマホの操作に馴れているかが、向いているかどうかの分かれ目

ahamoに向いているか向いていないかは、以下の2点が分かれ目になります。

・20GBのデータを使うか、使わないか

・スマホの操作に慣れているか、いないか

この記事の20GBのデータはどれくらいの動画視聴となるかの欄を確認して、ご自身に適切なプランを選ぶようにしてみると良いでしょう。

また、すべてオンラインで自分で調べながら申し込みやプラン変更ができる、わからないところは自分で調べれば大丈夫、という人にはahamoはお薦めのプランです。

もし、自宅のネット環境も合わせて快適にしたいということであれば、これから5Gが普及してくることを考えますと、

  • 今から自宅のネットを契約する方
  • 自宅に光回線工事を行えなかった方

は特に2021年8月登場の

ドコモホームルーター「home 5G」

を検討することもおすすめいたします。

docomo-home5g
ドコモ「HOME5G」の速度やエリア、通信制限は?【キャンペーン情報あり】 天下のドコモからとうとうホームルーターが出ました。 しかも5G通信対応で。 「工事不要!簡単設置」を売りに、これま...